<--ウェブマスターツール-->

SBI証券 米国株式/米国ETF定期買付サービス開始

証券会社

SBI債券

SBI証券

取扱い米国株式(ADRを含む)、米国ETFを、あらかじめ設定した金額(円貨決済/外貨決済)、または株数(口数)ごとに、指定日に定期的に銘柄ごとに買付するサービスが開始されます。

更にボーナス月の設定も可能なので、投資スタイルに合わせた好きなタイミングで効率良く米国株式を買付できるようになります!

2018/3/10(土)の夕方頃にサービスが開始されます。

スポンサーリンク






定期買付とは?

  1. 定期的に買付したい銘柄に対して、買付日を指定できます。 毎月の設定日(日付指定、曜日指定、ボーナス月指定)に自動で注文発注されます。
  2. 「株数指定/金額指定」、「円貨決済/外貨決済」の組み合わせが可能です。
  3. 米国株式版「NISA枠ぎりぎり注文」、「課税枠シフト注文」も選択できます。

米国株式・ETF定期買付サービス概要

定期買付サービスとは

事前に指定した設定内容を元に、一定数量または一定金額以内の単元株を定期的に買付する取引サービスです。

※米国株式、米国ETFは1株(1口)単位での取引となります。

利用条件

以下、1~3をすべて満たすこと

  1. 外貨建商品取引口座を開設していること
  2. インターネットでのお取引が可能であること
  3. 「米国株式定期買付約款」、「外国株式説明書」を閲覧、同意していること

定期買付設定方法

WEB外貨建商品取引サイトより「新規設定」・「設定内容変更」・「設定追加」「設定解除」が選択できます。

取扱銘柄

SBI証券で取り扱う米国株式(ADRを含む)/米国ETF全銘柄

預り区分

口座 選択肢
総合口座 「特定預り」、「一般預り」、「NISA預り」から選択
ジュニアNISA口座 「ジュニアNISA口座-NISA預り」、「ジュニアNISA口座-特定預り」、「ジュニアNISA口座-一般預り」、「総合口座-特定預り」、「総合口座-一般預り」から選択

定期買付注文方法

成行注文

定期買付注文の有効期限

当日中のみ

※期間指定注文は利用できません

注文訂正

定期買付注文発注後の訂正はできません。

注文取消

定期買付注文が約定するまでの間は取消できます。

設定受付時間

以下のメンテナンス時間を除き原則24時間

・毎日19:00~19:30

・米国市場取引終了時刻から10:30頃(日本時間)まで

設定コース

指定 単位
株数指定 1株以上、1株単位
金額指定 外貨決済の場合⇒1セント以上、1セント単位
円貨決済の場合⇒1円以上、1円単位

決済方法

米ドルによる「外貨決済」、または日本円による「円貨決済」

NISA預りの注文について

NISA預りで定期買付設定をする場合、「NISA枠ぎりぎり注文」「課税シフト注文」の設定が可能です。

NISA枠ぎりぎり注文と課税枠シフト注文を組み合わせることで設定金額内で効率良く買付をすることが可能です。

注文名 設定
NISA枠ぎりぎり注文 NISA預りの定期買付時に、NISA買付可能最大額が設定金額未満だった場合、設定金額をNISA買付可能最大額まで引き下げて発注を行うか否かの設定となります。
課税枠シフト注文 NISA預りの定期買付時に、NISA買付可能最大額が設定金額未満だった場合、設定金額-NISA買付最大可能額にて算出した金額にて課税注文(特定/一般)として発注するか否かの設定となります。

注意点

  • 成行注文のみです
  • 定期買付注文発注後の訂正はできません。
  • 金額指定は1セント以上、1円以上単位で設定できますが、設定した銘柄の最低発注金額に満たない場合は注文を発注されません
  • NISA枠ぎりぎり注文と課税シフト注文を利用し、約定結果が「NISA預り」と「課税預り(特定/一般)」に分かれた場合、それぞれの約定に対して手数料がかかります

情報ソース

SBI証券-米国株式/米国ETF定期買付サービス開始のお知らせ(3/10~)-

定期買付の売買手数料

米国株式/米国ETF定期買付には所定の手数料がかかります。

さらに売却時も手数料がかかります。

口座種類 1株あたりの定期買付手数料 1株あたりの売却手数料
一般口座 約定代金の0.45%(税込0.486%)

最低手数料:5ドル(税込5.4ドル)
上限手数料:20ドル(税込21.6ドル)

約定代金の0.45%(税込0.486%)

最低手数料:5ドル(税込5.4ドル)
上限手数料:20ドル(税込21.6ドル)

特定口座
NISA口座 買付代金に関わらず0円

最後に

SBI証券で米国株/米国ETFの定期買付サービスが開始されます。

利用する場合はNISA口座一択です。一般口座、特定口座の場合は買付ごとに手数料がかかるためです。買付株数または金額によっては手数料負けします。ただしNISA口座でも売付手数料がかかるので注意が必要です。

1セント以上、1円以上単位で金額買付できますが、銘柄の最低発注金額に満たない場合は端株が購入できるのではなく、注文発注されません。ここがちょっと残念です。

  • 毎月の給料日後に忘れずに買付したい
  • 米国雇用統計後や毎月の経済指標発表後に買付したい
  • NISA枠を有効活用して、米国株式に投資したい

という方におススメです。

新しいサービスなのでこれからの、利便性の拡充、手数料の低減に期待したいです。

<SBI証券について更に詳しい記事はコチラ>SBI証券 インデックス投資・ETF投資でオススメの証券会社 さらに投信マイレージは還元率0.24%

スポンサーリンク