<--ウェブマスターツール-->

SBI証券、マネックス証券も 全世界株式(VT)・全米株式(VTI)を投資対象とするインデックスファンドを一般発売

ファンド

スタート

SBI証券、マネックス証券も、米国の有名ETFである

  • VT(全世界株式)を投資対象・・・楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • VTI(全米株式)を投資対象・・・楽天・全米株式インデックス・ファンド

の取り扱いを開始します。

スポンサーリンク






いつから?

楽天証券・・・2017.9.29

マネックス証券・・・2017.9.29

SBI証券・・・2017.10.20

情報ソース

バンガード-長期・分散・低コスト- 楽天投信投資顧問株式会社とバンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社、『楽天・バンガード・ファンド』の創設を発表

楽天・全世界株式インデックス・ファンドのおさらい

ベンチマーク

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)

実質的な信託報酬

信託報酬(A) 管理報酬等(B) 実質的な信託報酬(A+B)
年0.12% 年0.10% 年0.22%

※税別、以下注記ない限り税別

楽天・全米株式インデックス・ファンドのおさらい

ベンチマーク

米国株式市場の動きをとらえることを目指して、CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目標に運用を行います。

実質的な信託報酬

信託報酬(A) 管理報酬等(B) 実質的な信託報酬(A+B)
年0.12% 年0.03% 年0.15%

 販売手数料

  • VT(全世界株式)を投資対象・・・楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • VTI(全米株式)を投資対象・・・楽天・全米株式インデックス・ファンド

ともにノーロードです。

情報ソース

最終兵器降臨 全世界株式(VT)・全米株式(VTI)を投資対象とするインデックスファンドが2017.9.29設定

最後に

楽天証券に続きSBI証券、マネックス証券も一般発売します。

販売会社の追加は純資産額の増加につながりやすいです。純資産額の増加はスケールメリットが働きファンドが資産を売買する際のコストが安くなります。

更に信託期間の途中でも運用が終了する「繰上償還」の可能性が低くなります。

<SBI証券、マネックス証券について更に詳しい記事はコチラ>

スポンサーリンク