<--ウェブマスターツール-->

超低コスト SBIグローバル・バランス・ファンドが2018.10.4設定

ファンド

good

SBIグローバル・バランス・ファンドを、SBIアセットマネジメントが新規に設定します。

超低コストですが、特徴をつかみにくいファンドです。

スポンサーリンク






SBIグローバル・バランス・ファンドの概要

ファンドの特色

基本配分比率は当初、債券60%、株式40%。

各資産クラスの国・地域別投資比率はリスク・リターンの最適化等を考慮の上、決定。

為替変動リスクの低減を目的として、債券運用部分については為替ヘッジを行います。

債券及び株式への資産配分比率は年に1回、市況見通しの変化等により、基本資産配分比率に対して±20%の範囲で見直しを行う場合があります。

投資対象ファンドと基本投資割合

主要投資対象 投資対象ファンド 割合
国内株式 iシェアーズTOPIX ETF 2.6%
先進国株式
(除く米国)
SPDRポートフォリオ・ディベロップワールド
(除く米国)ETF
10.0%
米国株式 シュワブU.S.ブロードマーケットETF 22.4%
新興国株式 SPDRポートフォリオ・エマージングマーケッツETF 5.0%
国内債券 MUAM日本債券インデックスファンド
(適格機関投資家限定)
NEXT FUNDS国内債券・NOMURA-BP総合
連動型上場投信
先進国債券
(除く米国)
バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF
(米ドルヘッジあり)
20.0%
米国債券 シュワブU.S.アグリゲート・ボンドETF 30.0%
新興国債券 バンガード・米ドル建て新興国政府債券ETF 10.0%

信託報酬

運用管理費用(信託報酬)[A] 投資対象とする投資信託証券等の信託報酬[B] 実質的な負担[A]+[B]
年0.19% 年0.078% 年0.268%

税別、以下注記ない限り税別

販売手数料

ありません

信託財産留保額

ありません

設定日

2018年10月4日

信託期間

無期限

当初販売会社

SBI証券

情報ソース

EDINET

基本配分の整理

アセットクラス 割合
株式 40%
債券 60%
リート 0%
国別 割合
日本 2.6%
先進国 82.4%
新興国 15.0%

債券運用部分については為替ヘッジされています。

最後に

8資産に分散していますが、どのようなコンセプトで配分を決定したのか、分かりにくいファンドです。

また国内への投資が2.6%です。為替の影響を大きく受けます。

投資家としては虎の子を預けるのに、もう少し決定打がほしいところです。

当初販売会社はSBI証券だけですが、楽天証券マネックス証券で取り扱われる可能性があります。

投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク