<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

利率1.42% 第33回SBI債 1/13(水)12:00~申込開始

2016年1月12日円建て社債

債券

SBI証券

第33回SBI債が公募されます。 前回は2015年4月に起債しており約9ヶ月ぶりです。

スポンサーリンク




SBIホールディングス株式会社2017/1/26満期1.42%円建社債(第33回SBI債)概要

 

名称/発行体 SBIホールディングス株式会社2017/1/26満期1.42%円建社債(第33回SBI債)
売出価額の総額(円) 200億円
利率(%) 年1.42%(税引前) 1.131%(税引後)
期間 約1年
格付け BBB(R&I)
償還日 2017/1/26
利払日 2016/7/26、2017/1/26
売出期間 2016/1/13(水) ~2016/1/25(月)
抽選申込期間 (ネットのみ) 2016/1/13(水)12:00~2016/1/15(金)15:00
申込単位 10万円以上10万円単位

SBI債(愛称)(満期:約1年) -SBI証券より

利率は前回より低くなり、1.42%です。

売り出し総額もは前回と変わらず200億円となっています。

注意点

申し込みは1口座につき1回限り、上限金額は1,000万円となります。

抽選申込受付完了後の訂正・キャンセル等は受けできませんので十分ご確認の上、申し込みください。

抽選

抽選方法は前回と同じです。

約定した場合 そのまま購入代金分の買付余力が拘束されます。
一部約定となった場合 購入代金分の買付余力が拘束され、約定しなかった 申込金額分を買付余力へお戻しいたします。
約定しなかった場合 速やかに拘束した申込金額分を買付余力へお戻しいたします。

SBI債のお申込み方法についてより  

SBI債 発行履歴

名称 償還年月 期間 利率 募集総額
第33回SBI債 2017/01 1年 1.42% 200億円
第32回SBI債 2016/04 1年 1.43% 200億円
第31回SBI債 2016/02 1年 1.43% 200億円
第30回SBI債 2013/12 1年 1.52% 200億円
第29回SBI債 2013/07 1年 1.55% 200億円
第28回SBI債 2012/11 1年 1.60% 150億円
第27回SBI債 2012/10 1年 1.60% 100億円
第26回SBI債 2012/09 1年 1.60% 100億円
第25回SBI債 2012/08 1年 1.60% 200億円
第24回SBI債 2012/07 1年 1.66% 100億円
第23回SBI債 2011/12 1年 1.66% 100億円
第22回SBI債 2011/09 1年 1.66% 100億円
第21回SBI債 2011/07 1年 1.66% 100億円
第20回SBI債 2011/06 1年 1.76% 100億円
第19回SBI債 2011/05 1年 1.86% 200億円
第18回SBI債 2011/01 1年 1.86% 100億円
第17回SBI債 2010/12 1年 1.86% 200億円
第16回SBI債 2010/09 1年 1.86% 110億円
第15回SBI債 2010/08 1年 1.86% 100億円
第14回SBI債 2010/07 1年 1.90% 100億円
第13回SBI債 2010/05 1年 1.90% 90億円
第12回SBI債 2010/03 1年 1.90% 300億円
第11回SBI債 2010/01 1年 1.90% 100億円
第10回SBI債 2009/12 1年 1.90% 100億円
第9回SBI債 2009/12 1年 1.90% 100億円
第8回SBI債 2009/10 1年 1.90% 100億円
第7回SBI債 2009/09 1年 1.90% 100億円
第6回SBI債 2009/08 1年 1.90% 100億円
第5回SBI債 2009/06 1年 1.84% 100億円
第4回SBI債 2009/04 1年 1.96% 60億円
第3回SBI債 2009/04 1年 1.80% 60億円
第2回SBI債 2009/04 1年 1.96% 35億円
第1回SBI債 2009/04 1年 1.80% 35億円

 

リスク

人気のSBI債ですが、社債の信用リスクと利回りの得失を個人投資家が判断するには

  • 格付け会社による各社の格付け
  • 日本証券業協会のホームページの格付けマトリックス表

などを見て、利回りの見当をつけることは出来るかもしれません。 しかし、格付けに頼るのは危ういです。 なぜなら

実績から見て、格付けの悪化は、発行体の状況悪化が公知のものとなって、債券の利回りが上昇した後で行われることが多い。 

個人向け社債ブームにあえて水を差す|山崎元のマネー経済の歩き方より引用  

最後に

SBIホールディングスが1年以内に倒産するかどうか、私にはわかりません。 定期預金の利率と比較し、少しでも良い金利の個人向け社債に対して  

  • この会社なら大丈夫だろう
  • まあまあの利回りだ

という勘だけに頼って、投資をするのはハイリスクです。 投資判断は自己責任でお願い致します。

<SBI債に申し込むにはSBI証券の口座開設が必要です。今なら口座開設+各種取引で最大70,000円プレゼント>SBI証券

スポンサーリンク