<--ウェブマスターツール-->

長期投資でリスクは減るか

2011年11月12日投資

広木隆の「投資の潮流」
長期投資でリスクは減るか

標準偏差が大きければ年々出発点からの
目標がブレる幅が大きくなるので
投資をしたら「ほったらかし」するのではなく
「株価を常に確認する」ことが重要。

とあります。

スポンサーリンク






リスクが縮小?

確かに投資期間が長くなるとリスクが縮小するという
言葉を聞く事があります。
金利においても先の事はわからず
不確実性(インフレ、デフレなど)が
増すので高くなっています。

注意点

長期間でリスクが減ると言うのはデータが
「年率」である場合があるので
注意が必要です。

なので長期投資をするからリスクを多大に
とってもいいというのではなく
あくまでリスク許容度を把握して投資をすることが大切です。

最後に

「株価を常に確認する」
は賛成できかねます。はっきり言って面倒です。
忘れるというレベルまで行くのはどうかと思いますが。

常に確認をする時間があれば

・仕事の能力を上げる
・交友関係を増やす
・勉強をする

などの人的資本に投資をしたほうが
リターンは確実に増えると思うので
あまり時間をかけないほうがいいと思います。

スポンサーリンク