<--ウェブマスターツール-->

楽天証券 米国株式・ETFの売買手数料が業界最低水準に2017.9.25から

証券会社

USドル

楽天証券の米国株式・ETFの売買手数料が大幅に引下げとなります。

SBI証券、マネックス証券と並び業界最低水準になります。

スポンサーリンク






米国上場海外ETF含む米国株式の手数料

2017/9/22現地約定分まで 2017/9/25現地約定分から
1,000株まで、25米ドル
1,000株を超えた分は、1株毎に2セント追加
約定代金の0.45%
手数料下限5ドル、上限20ドル

※税抜き、以下注記ない限り税抜き

※インターネット・電話・成行指値といった取引方法による手数料の違いはありません。

SBI証券、マネックス証券との米国株式手数料を比較

証券会社 売買手数料
楽天証券 約定代金の0.45%
下限5ドル
上限20ドル
SBI証券 約定代金の0.45%
下限5ドル
上限20ドル
マネックス証券 約定代金の0.45%
下限5ドル
上限20ドル

楽天証券がSBI証券、マネックス証券と同等になり、業界最安水準となりました。

米ドルのスプレッド

米国株式を購入するには米ドルを購入する必要があり、スプレッドがかかります。

証券会社 スプレッド
楽天証券 片道25銭
SBI証券 SBI証券で購入・・・片道25銭
住信SBIネット銀行経由・・・片道4銭
SBI FXα経由・・・片道0.5銭
マネックス証券 片道25銭

SBI証券はSBI FXαを利用すれば米ドルおよび米国株式の購入手数料は楽天証券、マネックス証券よりも少なくなります。

<更に詳しい記事はコチラ>住信SBIネット銀行 米ドルの為替コスト4銭に! SBI証券の米国株・米国ETF買付に利用可能 さらにお得な利用方法も

米国株式売買の概要

銘柄数
  • 普通株・ADR・・・1081銘柄
  • ETF・・・252銘柄
注文方法 指値、成行
取引単位 買い・ 売りともに1株単位
有効期限 当日中
決済通貨 日本円、米ドル
取引口座 一般口座、特定口座、NISA口座
注文チャネル PCウェブ、マーケットスピード、カスタマサービスセンター
注文時間帯
米ドル売買 日本円売買
通常 当日15時~翌朝6時 当日17時15分~翌朝6時
夏時間 当日15時~翌朝5時 当日17時15分~翌朝5時
現地取引所取引時間 【通常】  当日23時30分~翌朝6時
【夏時間】 当日22時30分~翌朝5時

最後に

ついに楽天証券がやってくれました。といっても頭一つ抜き出たわけではなく、SBI証券、マネックス証券と同じ水準です。

これまでの米国株式手数料は1,000株まで25米ドル定額でした。コツコツと株数を積み上げる投資家としては手数料負担が重たかったです。

今回の手数料引下げにより、米国株式、バンガードやiシェアーズの米国上場ETFへの投資がしやすくなりました。

今後はDRIP(配当自動再投資)制度が実現されたら、バンガードやiシェアーズの米国上場ETFへの投資を検討します。

<楽天証券について更に詳しい記事はコチラ>楽天証券 インデックス投資・ETF投資でオススメの証券会社 日経テレコンは無料で読み放題!さらに各種取引で楽天スーパーポイントも付与

スポンサーリンク