<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

楽天証券・SBI証券・マネックス証券 ウィズダムツリー社の配当重視型ETF 8銘柄の新規取扱い開始!

2016年7月12日ETF

配当

楽天証券

SBI証券

マネックス証券

米国に上場している以下の海外ETF 8銘柄の取扱いが開始されました。

スポンサーリンク




新規取り扱い「配当重視型ETF 」

銘柄名 ティッカー
ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド DLN
ウィズダムツリー 米国中型株配当ファンド DON
ウィズダムツリー 米国小型株配当ファンド DES
ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド DGRW
ウィズダムツリー 米国小型株クオリティ配当成長ファンド DGRS
ウィズダムツリー 欧州株クオリティ配当成長ファンド EUDG
ウィズダムツリー 新興国小型株配当ファンド DGS
ウィズダムツリー 新興国株クオリティ配当成長ファンド DGRE

参照:楽天証券 | 米国上場 ウィズダムツリー社の配当重視型ETF 8銘柄の新規取扱い開始!

海外ETF8銘柄の取扱開始!(7/8~) | SBI証券

米ウィズダムツリー社のETF10銘柄の取扱いを開始!(2016年7月8日)/マネックス証券

 

新規取り扱い「配当重視型ETF 」の概要

銘柄名 概要
ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド ウィズダムツリー・大型配当株式指数(米国有配市場の大型株区分の実績を計るファンダメンタル加重指数であり、構成銘柄はウィズダムツリー配当株式指数から、時価総額上位300企業である。また一株当たりの直前に公表された配当金をベースにした、それぞれの構成銘柄の来年度推測支払総配当金額の比例株を計るために、年毎に配当を基準に加重される。)のパフォーマンスに密接に連動する投資成果を目指す。
ウィズダムツリー 米国中型株配当ファンド ウィズダムツリー・中型配当株式指数(米国有配市場の中型株区分の実績を計るファンダメンタル加重指数である。同指数の構成銘柄は、ウィズダムツリー配当株式指数から、上位300の企業が除外されたウィズダムツリー配当株式指数の時価総額上位75%の企業である。同指数は、一株当たりの直前に公表された配当金をベースにした、それぞれの構成銘柄の来年度推測支払総配当金額の比例株を計るために、年毎に配当を基準に加重される。)のパフォーマンスに密接に連動する投資成果を目指す。
ウィズダムツリー 米国小型株配当ファンド ウィズダムツリー・小型配当インデックス(同指数は、米国有配市場の小型株区分の実績を計るファンダメンタル加重指数である。同指数の構成銘柄は、上位300企業が除外されたウィズダムツリー配当株式指数の時価総額下位25%の企業である。同指数は、一株当たりの直前に公表された配当金をベースにした、それぞれの構成銘柄の来年度推測支払総配当金額の比例株を計るために、年毎に配当を基準に加重される。)のパフォーマンスに密接に連動する投資成果を目指す。
ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長株式指数(成長のある、配当を支払う企業によって構成されるファンダメンタル加重指数である。)のパフォーマンス(手数料および経費控除前)に密接に連動する投資成果を目指す。
ウィズダムツリー 米国小型株クオリティ配当成長ファンド ウィズダムツリー米国小型株クオリティ配当成長インデックス(成長性のある配当を支払う企業のうち時価総額の小さい企業により構成されるファンダメンタル加重指数である。)のパフォーマンス(手数料および経費控除前)に密接に連動する投資成果を目指す。
ウィズダムツリー 欧州株クオリティ配当成長ファンド ウィズダムツリー欧州株クオリティ配当成長インデックス(ウィズダムツリーインターナショナル株式インデックスから選択された、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルアンド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイスあるいは英国等の欧州市場にて配当支払を行う成長性のある企業によって構成されるファンダメンタル加重指数である。)のパフォーマンスに密接に連動する投資成果を目指す。
ウィズダムツリー 新興国小型株配当ファンド ウィズダムツリー新興国市場小型株配当指数(同指数は、主にウィズダムツリー新興国市場配当指数から選択された小型株の実績を計る基本加重指数であり、同指数の構成銘柄は、年指数測定日の時点で、ウィズダムツリー新興国市場配当指数の総時価総額の下位10%の範囲内に入る株式である。同指数の構成銘柄は、年配当金支払額に基づいて加重される。)のパフォーマンスに密接に連動する投資成果を目指す。
ウィズダムツリー 新興国株クオリティ配当成長ファンド

ウィズダムツリー 新興国株クオリティ配当成長インデックス(純資産の約80%をウィズダムツリー新興国株インデックスから選択された成長性のある配当を支払う企業によって構成された企業に投資を行う。)のパフォーマンス(手数料および経費控除前)に密接に連動する投資成果を目指す。

新規取り扱い「配当重視型ETF 」の信託報酬

銘柄名 信託報酬
(税別)
ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド 0.28%
ウィズダムツリー 米国中型株配当ファンド 0.38%
ウィズダムツリー 米国小型株配当ファンド 0.38%
ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド 0.28%
ウィズダムツリー 米国小型株クオリティ配当成長ファンド 0.38%
ウィズダムツリー 欧州株クオリティ配当成長ファンド 0.58%
ウィズダムツリー 新興国小型株配当ファンド 0.63%
ウィズダムツリー 新興国株クオリティ配当成長ファンド 0.63%

マネックス証券のみウィズダムツリー社のヘッジファンド戦略ETFを取り扱い

銘柄名 ウィズダムツリー 米国株ダイナミックロングショートファンド ウィズダムツリー 米国株ダイナミックベアファンド
ティッカー DYLS DYB
概要

ロング・ショートの株式ポジションに投資することを目的としています。

ロング・ポジションは適格基準を満たし、企業のファンダメンタルのグロースとバリューのシグナルを基にしたスコアの合計が最も良い、約100銘柄の大型株および中型株から構成されます。

配分は、ボラティリティ特性に応じてウェイト付けされます。

ショート・ポジションは、市場リスクをヘッジすることを目的として時価総額加重にてウェイト付けを した、米国企業の上位500社から構成されます。

株式ロングポジションに投資、または米国債ロングポジションと株式ショートポジションの組合せに投資することを目的としています。

ロング・ポジションは適格基準を満たし、企業のファンダメンタルのグロースとバリューのシグナル を基にしたスコアの合計が最も良い、約100銘柄の大型株および中型株から構成されます。

配分 は、ボラティリティ特性に応じてウェイト付けされます。

ショート・ポジションは、市場リスクをヘッジすることを目的として、時価総額加重にてウェイト付けを した、米国企業の上位500社から構成されます。

信託報酬 年0.48% 年0.48%

ウィズダムツリー社とは

ヘッジファンドマネージャーとして有名なマイケル・スタインハルト氏が設立したファンド運用会社。

また、株式投資テキストとして高い評価を受ける「株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド」の著者、ジェレミー・シーゲル博士も立ち上げに携わり、現在も上級投資戦略アドバイザーを務めています。

最後に

楽天証券、SBI証券、マネックス証券がウィズダムツリー社の配当重視型ETF 8銘柄を新規に取扱います。

配当重視は面白いと思いますが

  1. 信託報酬が高い
  2. 全世界株式配当ファンドがない

という点で私は積極的に投資はしないでしょう。

しかし、配当が資産形成にもたらす恩恵を軽んじているわけでは有りません。

興味がある方はポートフォリオの5%を上限として加えてもいいのかもしれません。

配当は自己責任でお願いします。

<ウィズダムツリー社の配当重視型ETF を購入するなら>

楽天証券 インデックス投資・ETF投資でオススメの証券会社 日経テレコンは無料で読み放題!さらに各種取引で楽天スーパーポイントも付与

SBI証券 インデックス投資・ETF投資でオススメの証券会社 さらに投信マイレージは還元率0.24%

マネックス証券 海外ETF投資でオススメの証券会社 主要ネット証券の中で売買手数料は最安

スポンサーリンク