<--ウェブマスターツール-->

楽天「ポイント運用 by 楽天PointClub」を開始 楽天証券口座なくても「楽天スーパーポイント」で投資できる

投資

楽天

楽天と楽天証券は、楽天が運営するポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を利用して投資体験できる「ポイント運用 by 楽天PointClub」を開始しました。

スポンサーリンク






ポイント運用 by 楽天PointClubとは

楽天会員が、楽天ポイントを活用して投資体験ができるサービスです。

ポイント運用の特徴

  1. かんたん3ステップ・・・口座開設は不要です
  2. 2つのコースから選ぶだけ・・・「アクティブ」と「バランス」から選べます
  3. 通常ポイント・・・運用して増えたポイントは、引き出して通常ポイントとして使えます

対象ユーザー

楽天IDを持っている方

※楽天証券口座を保有していなくても利用できます。

運用コース

コース名 連動ファンド 特徴
アクティブコース 楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型) 日本を含む全世界の株式および投資適格債券に70:30の配分で分散投資
バランスコース 楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型) 日本を含む全世界の株式および投資適格債券に30:70の配分で分散投資

<楽天・インデックス・バランス・ファンドについて更に詳しい記事はコチラ>楽天・バンガード・ファンド シリーズに楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型・均等型・債券重視型)の3ファンドが2018.7.20追加

ポイント数の増減

楽天投信投資顧問(株)が運用する投資信託の基準価額に連動して増減します。

投資信託の基準価額の変動によって、運用ポイントが減少する可能性があります。

手数料

サービスの手数料は発生しません。

いつの基準価額で運用が開始されるのか

営業日14:00までの受付で、翌営業日の基準価額で運用が開始されます。

基準価額は、翌営業日22:00以降に確定します。

※ポイント数は、運用開始の翌営業日22:00以降に変動します(小数点以下の変動は切り捨て)。

情報ソース

楽天、「ポイント運用 by 楽天PointClub」の本格提供を開始-「楽天スーパーポイント」で投資体験が可能に- PDF

運用ポイントの追加・引き出しについて

運用ポイントについて

ポイント運用で運用している楽天スーパーポイントを運用ポイントと呼びます。

運用ポイントの追加

100ポイント単位で追加することができます。

追加可能なポイントは各コースで30,000ポイントが上限となります。

(運用によって増減したポイント分は除かれます)

なお、他の楽天グループでのポイント利用も含め1ヶ月の利用上限は100,000ポイント(ダイヤモンド会員は500,000ポイント)となります。

運用ポイントの引き出し

1ポイントから引き出し可能です。

なお、引き出す際に「ポイント数指定」を選択すると、運用ポイント数の90%まで。

「全て引き出す」を選択すると、それ以上のポイントを引き出すことができます。

運用できるポイントは、「通常ポイント」のみ

  • 提携サービスから交換した通常ポイント
  • 期間限定ポイント

は運用できません

利用方法

以下の3ステップで開始できます。

  1. ポイント運用 by 楽天PointClubページにアクセスし、「アクティブコース」、「バランスコース」のいずれかを選択
  2. 運用するポイント数を設定
  3. 投資体験スタート

最後に

永久不滅ポイントによる「運用口座」で新たなポイント運用サービスなどに続いて、楽天の楽天スーパーポイントを使用したポイント運用サービスに新たな機能が加わりました。

「つみたて NISA」が新設され、長期投資に対する注目度も高まってきたことにより、

に続いて「ポイント運用 by 楽天PointClub」サービスが追加されます。

  • 楽天スーパーポイントを貯めている
  • 投資に興味がある
  • 証券口座は開設したくない
  • 実損はしたくない

という方におススメです。

運用成績が軟調でも、楽天スーパーポイントは減りますが、実際のお金は減りません。

 

サービス開始により、投資家のすそ野がさらに広がることに期待したいです。

スポンサーリンク