<--ウェブマスターツール-->

単独で加入できる個人賠償責任保険まとめ

2016年3月27日保険

保険

日常生活の中で他人にケガをさせたり、他人のモノを壊して法律上の損害賠償責任を負った場合に対応する保険として個人賠償責任保険があります。

我が家は今後の子どもの成長にともない、こういったリスクに備えるために火災保険の個人賠償責任特約に加入しました。

<更に詳しく> 個人賠償責任保険に加入しました もしものとき賠償金額9,500万円払えますか

個人賠償責任保険は自動車保険のほかに、火災保険の特約や、賃貸マンションの家財保険にも「特約」として加入することができます。

この記事では単独で加入でき、かつ保険料が安い個人賠償責任保険を比較します。

スポンサーリンク






単独で加入できる個人賠償責任保険一覧

保険名

 

加入の条件

保険名 加入条件
JCBトッピング保険日常生活賠償プラン 対象JCBカードの保有など
三井住友カード ポケット保険(ポケホ) 三井住友カードの保有など
JAF 個人賠償責任補償プラン

なし

※JAF会員である必要なし

あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER

なし

※あさひで自転車を購入していなくても加入可能

示談交渉

保険名 示談交渉
JCBトッピング保険日常生活賠償プラン あり
三井住友カード ポケット保険(ポケホ) あり
JAF 個人賠償責任補償プラン なし
あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER あり

保険の適用範囲

保険名 適用範囲
JCBトッピング保険日常生活賠償プラン 本人、配偶者、子どもなど生計を共にする家族
三井住友カード ポケット保険(ポケホ) 加入タイプ(本人型、夫婦型、家族型)を問わず

  • 本人(被保険者)
  • 本人の配偶者
  • 本人または配偶者の同居の親族
  • 本人または配偶者の別居の未婚の子
JAF 個人賠償責任補償プラン 本人、配偶者、子どもなど生計を共にする家族
あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER 被保険者本人 or 被保険者本人、被保険者本人の配偶者、その他親族

保険金額:1億円の場合の最低保険料(月々支払額)

保険名 年額 月額換算
JCBトッピング保険日常生活賠償プラン 1,800円 150円
三井住友カード ポケット保険(ポケホ) 1,680円 140円
JAF 個人賠償責任補償プラン 2,750円 229円
あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER 1,680円(本人型)
2,920円(家族型)
140円(本人型)
243円(家族型)

※JCBトッピング保険日常生活賠償プランは2017.3.1より保険料が値上がりしました

JCBトッピング保険日常生活賠償プランの対象JCBカード

カード番号の最初の3桁が「354」、「355」で始まるカードです。

また、裏面にJCBの問い合わせ先の記載があるJCBカードです。

※一部対象とならないカードがあるのでJCB(0570-064-995)に問い合わせください。

高還元率JCBブランドカード

年会費無料 毎最高還元率1.2% リクルートカード  

三井住友カード ポケット保険(ポケホ) の保険料

「かんたん保険料試算」を利用すれば補償内容と保険金額を設定すると毎月の保険料がすぐに分かります。

かんたん保険料試算 加入の必須項目である「傷害入院のみ補償 保険金:500円/日(本人型)」に個人賠償責任を1億円、2億円、3億円にした場合の月額保険料です。

保険金額:1億円の最低月額保険料

傷害入院のみ補償 個人賠償 責任保険 保険料
40円/月 100円/月 140円/月

保険金額:2億円の最低月額保険料

傷害入院のみ補償 個人賠償 責任保険 保険料
40円/月 110円/月 150円/月

保険金額:3億円の最低月額保険料

傷害入院のみ補償 個人賠償 責任保険 保険料
40円/月 120円/月 160円/月

高還元率三井住友カード

年会費無料 毎最高還元率1.5%+α! 三井住友VISAカードエブリプラス

単独で加入できる個人賠償責任保険のまとめ

保険金額が1億円で単独加入したい場合は「三井住友カード ポケット保険(ポケホ)」か「あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(本人型)」が最も安いです。

その次はJCBトッピング保険日常生活賠償プランです。

JCBクレジットカードや三井住友カードの利用予定がない方や発行したくない方は示談交渉サービスはありませんが、「JAF 個人賠償責任補償プラン」が最安になります。

知らぬ間に加入しているかもしれない「個人賠償責任保険」

今回紹介した「個人賠償責任保険」は単独で加入できる保険です。 加入する前には

  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 傷害保険

などに特約として「個人賠償責任保険」が付帯されている可能性があるのでチェックしたほうがよいでしょう。

JCBトッピング保険日常生活賠償プランは月額120円と安いですが、私が火災保険の特約で加入した個人賠償責任保険特約は月額約92円です。

このように特約の方が安い場合もあるので保険証券や保険会社に確認をしましょう。

加入時の注意点

もし、自動車保険、火災保険、傷害保険の特約で保険金額1億円の個人賠償責任保険に加入していた場合、新たに単独で保険金額1億円の個人賠償責任保険に加入しても保険金額は2億円になりません。

保険料のムダ払いとなるので、加入する際は自身の補償内容を確認しましょう。

加入時の注意点2

自動車保険、火災保険、傷害保険の特約の他に勤務先が保険会社と提携し団体割引の保険がある可能性があります。

団体割引の分、通常の保険料よりも安くなります。 勤務先の総務部門にも確認しましょう。

最後に

自分は大丈夫でも子どもが他人にケガをさせる可能性はゼロではありません。

また、自分も100%事故をしないとは絶対言い切れません。

法律上の損害賠償責任を負う、さらに治療費だけでなく慰謝料まで請求されるようなことがあります。

そのような場合に保険金を支払ってもらえる保険が「個人賠償責任保険」です。

まだ「個人賠償責任保険」に加入されていない方は検討したほうがよいでしょう。 保険は

  1. 滅多に起こらないこと
  2. 起こると、とても自分の貯蓄では賄えないこと
  3. いつ起こるか分からないこと

に限定して、条件に合致した場合のみ加入したほうがいいでしょう。

「加入するのも賭け、加入しないのも賭け」です。

投資と同じく保険も自己責任でお願いします。

スポンサーリンク