<--ウェブマスターツール-->

20万円まで無料! 岡三オンライン証券 国内株式取引手数料値下げ

証券会社

フリー

岡三オンライン証券の国内株式手数料「定額プラン」が大幅値下げとなります。

  • 20万円以下の部分の手数料を0円
  • 現物取引と信用取引の約定代金20万円ずつ、つまり、合計40万円までの取引手数料が0円

となります。

スポンサーリンク






国内株式手数料一部改訂の概要

いつから?

12月25日(月)約定分から

定額プラン手数料比較

約定金額 旧手数料 新手数料
10万円まで 99円(106円)/日 0円
20万円まで 200円(216円)/日 0円
30万円まで 350円(378円)/日 350円(378円)/日
50万円まで 500円(540円)/日 500円(540円)/日
100万円まで 800円(864円)/日 800円(864円)/日
以降100万円
増加ごとに
500円(540円)
ずつ増加
500円(540円)
ずつ増加

※()内は税込み金額、以下同様

定額プランとは

て1日の約定代金合計額により手数料が決まるプランです。

情報ソース

国内株式取引手数料改訂 約定代金20万円以下の手数料を0円に(pdf)

岡三オンライン証券のその他の手数料体系

定額プラン以外の手数料は変更ありません。

ワンショット

1注文の約定金額の合計に応じて手数料が決まります。

1注文の約定代金 手数料
10万円まで 99円(106円)/1回
20万円まで 200円(216円)/1回
50万円まで 350円(378円)/1回
100万円まで 600円(648円)/1回
150万円まで 1,000円(1,080円)/1回
300万円まで 1,500円(1,620円)/1回
以降100万円
増加ごとに
300円(324円)ずつ追加
※3,000円(3,240円)を上限

コールセンター(オペレーター)取り次ぎによる取引の手数料

約定金額 手数料
50万円まで 5,000円(5,400円)/1回
以降50万円
増加ごとに
5,000円(5,400円)ずつ増加

 

一日定額コースの手数料比較

約定金額 岡三オンライン証券
(定額プラン)
SBI証券
(アクティブプラン)
楽天証券
(いちにち定額コース)
マネックス証券
(一日定額
手数料コース)
松井証券
(ボックスレート)
10万円まで 0円 0円 0円 1日何回
取引しても
2,500円
(2,700円)
0円
20万円まで 0円 191円
(206円)
191円
(206円)
300円
(324円)
30万円まで 350円
(378円)
286円
(308円)
286円
(308円)
300円
(324円)
50万円まで 500円
(540円)
429円
(463円)
429円
(463円)
500円
(540円)
100万円まで 800円
(864円)
762円
(822円)
858円
(926円)
1,000円
(1,080円)

1日の約定代金が20万円以下であれば、岡三オンライン証券の国内株式手数料が無料0円で最も安くなります。

最後に

国内株式手数料の「定額プラン」が、約定代金20万円以下の手数料が0円に値下げされます。

ETFを購入する場合は、今回の定額プランの手数料改定で、約定代金20万円以下の手数料が0円の「定額プラン」を利用したほうがいいでしょう。

分散投資ができ信託報酬が低い商品といえばETFです。ETFは現在、10万円以下で購入できるものが多いです。今回の手数料改定により、ETF投資家のすそ野が広がることを期待したいです。

手数料は資産形成において必ずマイナスとなります。ネット証券を上手に活用して、着実な資産形成につなげましょう。

<岡三オンライン公式HP>ネット証券会社なら岡三オンライン証券

スポンサーリンク