<--ウェブマスターツール-->

先取り貯金が性に合わない

2015年11月25日節約・家計管理

みなさんは先取り貯金していますか?

貯金を半強制的に増やすことから、多くの人が実践している方法です。

しかし、私にとっては性に合いません。

スポンサーリンク






まず最初に先取り貯金とは

給与天引きなどを利用して、文字通り必要な貯蓄分を先に別の口座に自動的に移してしまう方法です。

給与振込口座にはすでに貯蓄分が差し引かれた金額だけが入金されることになりますので、その範囲で生活すれば自動的に貯蓄されるというもの。

計算式にすると

  • 収入-貯金=生活費

になります。

貯蓄分は一度も現金として手に取ることなく別口座に貯まっていきますので、使い込んでしまう心配が少なくなります。

すばらしい方法ですね。

 

しかし

そもそも我が家では先取り貯蓄をしなくても、口座のお金を使い切る事はありません。

下手をすると先取り貯金をすることによって、口座に残ったお金は全て使っても良いのだという気持ちになってしまうかもしれません。

 

我が家の貯金は余った分だけ

給与振込口座から必要なお金を引いた金額がその月の貯金=投資額になります。

計算式にすると

  • 収入-支出=貯金額

になります。

我が家では結婚当初、ひいては独身時代からこの方法で何も問題はありません。

先取り貯蓄を積極的に利用した方が良いケース

勤務先の福利厚生で財形貯蓄の利率が3%など、金融機関の金利より破格に高い場合は積極的に先取り貯金利用しましょう。

 

最後に

私には性に合いませんが、お金があればあるだけ使ってしまったり、強制的な貯金が必要な方にとって先取り貯金は素晴らしい方法です。

方法は人それぞれ、自分の性に合った貯金方法を利用しましょう。

ちなみに

他に性に合わない貯金方法

 

  • 小銭貯金
  • 袋分け
  • つもり貯金
  • こち亀の両津式貯蓄法(1日目→1円 2日目→2円 3日目→4円 一日ごとに貯金額を倍にして貯めていくという方法、1ヶ月コツコツ貯金すれば20億円貯まるという最強の貯金方法)
スポンサーリンク