<--ウェブマスターツール-->

信託報酬引き下げ! S&P500ETF、世界株式(MSCI ACWI)除く日本ETF、海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)ETF、海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)ETFが現物運用に

ETF

ETF
  • 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
  • 上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本
  • 上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)
  • 上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)

が、約款を変更し、株価指数先物を活用した運用から現物運用へ実質的に変更となります。

それに伴い信託報酬も引き下げとなります。

いずれも日興アセットマネジメントが運用するETFです。

スポンサーリンク






ETFの概要

証券コード ETF名称 ベンチマーク
1547 上場インデックスファンド米国株式(S&P500) S&P500指数
1554 上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本 MSCI ACWI除く日本
1680 上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI) 海外株式インデックスMSCI-KOKUSAI(ヘッジなし)
1681 上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI) 上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)

信託報酬の引き下げ

ETF名称 変更後
信託報酬
変更前
信託報酬
変動幅
上場インデックスファンド米国株式(S&P500) 0.15% 0.16% -0.01
上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本 0.25% 0.24% -0.01
上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI) 0.25% 0.24% -0.01
上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI) 0.25% 0.24% -0.01

※税別、以下注記ない限り税別

情報ソース

最後に

今回の約款変更は、つみたてNISAの対象商品にかかる登録要件に適合させるためです。

当該ETFに投資をしている投資家にとっては嬉しいお知らせです。

eMaxis Slimシリーズなど超低コストインデックスファンドの台頭により、ETFは個人投資家の間で今ひとつです。

今後このような動きが加速して、外国株式クラスで信託報酬が0.10%未満のETF登場など、盛り上げてほしいです。

スポンサーリンク