<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

【モンテッソーリ】二人目で気付いた環境を整えるより大切なこと

モンテッソーリ教育

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

私は長女リー(6歳3か月)を授かってからモンテッソーリを知りました。

当時は本に書いてある通り、環境を大切に。

棚や、配置、紙、行う手順を想定して準備に時間をかけて。

何かをやりたいと、長女リーが言うと、その日の夜に準備。

次の日ワクワクして提示。

スポンサーリンク




しかし、時すでに遅し。

一日たてば彼女の「やりたい」は過ぎ去っています。その繰り返しでした。

タイミング   大人でもそうですよね。

今、やりたい。

今、欲しい。

今、一緒にいてほしい。

タイミングがすれ違えば、興味は薄れます。

子供なら尚更です。

我が家の今

小学生に上がる長女リーがいて、夜中も授乳の長男エーがいて、敏感期真っ最中の次女ナーがいます。

幼稚園の送迎に、3食のご飯と食器洗い+毎日のおやつ作り。

布おむつを洗って、洗濯ものは全て洗濯板で洗って、干してたたんでしまって。

部屋はほうきで履いて雑巾で拭いて。

その間に授乳あり、抱っこあり、おんぶあり…  

なんて、書いてたらキリがないですよね。 お母さんはみんな誰もが頑張ってる!  

で、どこでモンテッソーリの準備したらいい?どう環境整えたらいい?  

そとやんは、やめました。 (笑)

例えば、このシール貼り

 貼ってる台紙は裏紙です。

このシールは、長女リーに切ってもらっています。

ハサミ大好き6歳なので、楽しく切ってくれました。

そして貼る位置のマルは、その場で書きました。

終わる頃には紙一面シールを貼ったマルだらけでした。

これでいいんです。

これでいいんだと気付きました。

準備で一日待たせたら遅いんです。

子供って今を生きてるから、今やりたい!そう思ったらどんな形でもいい。

タイミングが大切。

一日経つと、母も想像や期待しちゃう。

それでは上から目線になってしまうんですよね。

大人でも、期待されて仕事するとプレッシャーになりますよね。

子供も同じ。いい気持ちはしません。と思う。

どうせ今を生きてる子供と寄り添って生きてるんだもの。

同じ目線でいたい。  

そのためなら、裏紙だっていい。 手書きのマルだっていい。

やりたいと思った「タイミング」   これが一番大切。

スポンサーリンク