【モンテッソーリ】 名古屋モンテッソーリと勇気づけベーシックコース 言語教育

モンテッソーリ教育

遊び

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

<名古屋モンテッソーリと勇気づけベーシックコースについて参加した理由など更に詳しい記事はコチラ>【モンテッソーリ】 名古屋モンテッソーリと勇気づけベーシックコースに参加しました

今回は一日目の言語教育についてです。

スポンサーリンク

敏感期

そとやん
ゆうこさんは参加した各家庭の子どもに、今どんな感じ?っていうのを最初に聞くの。
そとやん
ひらがな書けるけど全部は書けない子。
名前だけ漢字で書ける子。

年齢じゃない子どもの個性

そとやん
それを見極めて、やらせる内容を決めて、「○○ちゃん、やろっか」とか「ちょっと○○ちゃん待ってて、たぶん次がヒットするから」と言って。
そとやん
で、ほんとにヒットしてて。
そとやん
あーハイ!ハイ!ハイ!ハイ!
そとやん
敏感期じゃないやつは、ほんとにサーって子どもが逃げて行って。

 

そとやん
各家庭の子どもは5歳、6歳とかだったからヒットするものは、みんな興味をもって集まって。
そとやん
これか!と思ってすっごい面白かった。
そとやん
あるんだよね、そういうのが。

提示の仕方

そとやん
提示の仕方について、例えば文法。
そとやん
名詞、動詞、助詞のやり方がモンテッソーリであるんだけど、動詞が○で、名詞が□で、それを紙に書いて合わせてやるってモンテッソーリ本に書いてあるんだけど、自分が形容詞とか分かんないからチンプンカンプンなの。
そとやん
でも、ゆうこさんのを見てすっごい面白かった。

小学校で習いたかった

そとやん
私これ小学校で習いたかった。
そとやん
なにこれ!こんなに簡単なことだったんだと思って。教え方うまいと思って。
そとやん
これを長女リーに聞かれて・・・私・・・同じようにできるかなって(笑)
そとやん
すごい不安だからもう一回ビデオで復習しないと。

PAGE TOP