<--ウェブマスターツール-->

マネックス証券 WisdomTree社ETF 「DXJS」を取扱銘柄に追加

2013年10月3日ETF

good

マネックス証券

マネックス証券では、9月30日(月)よりWisdomTree社の米国ETF「DXJS」を新たに取扱いいたします。

「DXJS」(WisdomTree Japan Hedged SmallCap Equity Fund)は、2013年7月30日(火)より取扱いを開始した「DXJ」の中小型株版にあたります。

今回の銘柄追加により、マネックス証券の米国ETF取扱銘柄数は、127銘柄となります。

米国株、米国ETFを計100銘柄、一挙に追加します。(2013年8月5日)/マネックス証券

スポンサーリンク






WisdomTree Japan Hedged SmallCap Equity Fund概要

 

ティッカー DXJS
銘柄(英語) WisdomTree Japan Hedged SmallCap Equity Fund
ウィズダムツリー・ジャパン・ヘッジド・スモールキャップ・エクイティ・ファンド
エクスペンスレシオ 年0.58%
ベンチマーク
ベンチマークは、ウィズダムツリー・ジャパン・ヘッジド・スモールキャップ・エクイティ・インデックス
(日本で設立され、東京証券取引所またはJASDAQに上場し、配当支払を行う時価総額が小さな会社により構成される指数)
ETFについて ベンチマークとなるインデックスのパフォーマンスに連動し、日本円と米ドルの価値の変動を軽減または「ヘッジ」しつつ、日本株のリターンを追求します。

【米国ETF】WisdomTree社 「DXJS」を取扱い開始(2013年9月30日)/マネックス証券より

外国の投資家から見てドル円の為替リスクをヘッジし、日本の中小株に投資をする
ETFです。

ウィズダムツリー(WisdomTree)社について

ヘッジファンドマネージャーとして有名なマイケル・スタインハルト氏が設立したファンド運用会社。

また、株式投資テキストとして高い評価を受ける「株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド」の著者、ジェレミー・シーゲル博士も立ち上げに携わり、現在も上級投資戦略アドバイザーを務めています。

独自のファンダメンタル・インデックスを組成し、配当利回りとPERを重視したETFを多数運用する会社として有名な全米第5位(運用資産額251億ドル)のETFプロバイダーです

 

まとめ

Wisdom Tree(ウィズダムツリー)社は割安株投資の指標である、配当利回りと
PERを重視したETFを多数運用しています。

今後は
「WisdomTree DEFA Fund」(ティッカー:DWM)

「WisdomTree DEFA Equity Income Fund」(ティッカー:DTH)

の取扱が開始される事を期待します。

ハピタス経由でマネックス証券の口座を開設すれば750ポイント=750円がもらえます。
10/31までに口座開設し、各種取引を行うとマネックス証券から最大21,000円が
プレゼントされます!

なかなかお得なので、ご興味ある方は口座の開設されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク