<--ウェブマスターツール-->

マネックス証券 i-SMT 新興国株式とTOPIXの2本を取り扱い開始

ファンド

スタート

マネックス証券が

  • i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)
  • i-SMT TOPIXインデックス(ノーロード)

を新規に取り扱い開始しました。

スポンサーリンク






i-SMT TOPIXインデックス(ノーロード)、i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)の取り扱いを開始

いつから?

2018年2月から

販売手数料

ノーロード(無料)

情報ソース

投資信託 新規取扱ファンド/マネックス証券

i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)についておさらい

ベンチマーク

MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)

信託報酬

0.33%

※税別、以下注記ない限り税別

i-SMT TOPIXインデックス(ノーロード)についておおさらい

ベンチマーク

TOPIX(東証株価指数)

信託報酬

0.17%

その他のi-SMTシリーズ

ファンド名 投資対象 信託報酬
i-SMT グローバル株式インデックス(ノーロード) 先進国株式 年0.19%
i-SMT 日経225インデックス(ノーロード) 日経225 年0.17%

<参考記事>超低コスト i-SMT グローバル株式と日経225の2本を2017.11.24設定

マネックス証券の投資信託 マネックスポイント

毎月、その月の平均残高の1/12×0.08%を獲得できます。

しかし現在、i-SMTシリーズはポイント付与対象外です。

参照:マネックスポイント ポイントをためる/マネックス証券

その他の追加ファンド

  • ダイワ・ライフ・バランス30
  • ダイワ・ライフ・バランス50
  • ダイワ・ライフ・バランス70

詳細は割愛

最後に

  • i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)
  • i-SMT TOPIXインデックス(ノーロード)

がマネックス証券で一般発売されています。

販売会社が増えることは、投資家の選択肢が増えます。

さらに純資産額の増加につながりやすいです。純資産額の増加は信託期間の途中でも運用が終了する「繰上償還」の可能性が低くなります。

<マネックス証券について更に詳しい記事はコチラ>マネックス証券 海外ETF投資でオススメの証券会社 主要ネット証券の中で売買手数料は最安

スポンサーリンク