<--ウェブマスターツール-->

第35回個人向けマネックス債 夏祭りの利率は? 期間:1年 申込開始:2017.8.9から

円建て社債

債券

マネックス証券

第35回個人向けマネックス債 夏祭りが公募されます。

前回は2017年6月に起債しており約1ヶ月ぶりです。

スポンサーリンク






マネックスグループ株式会社 2018年8月16日満期 気温参照型クーポン付 円建社債概要

利率

最低0.10%~最高0.80%で決定。

算出方法は下記の通りとなります。

0.10% + 0.10% × (観測期間中の観測地点における真夏日の日数)

観測期間: 2017年8月25日から2017年8月31日まで

観測地点: 気象庁が公表する「東京都 東京」

真夏日: 気象庁が公表する最高気温が摂氏30度以上の日

年利率は2017年9月1日15時時点の気象庁公表データを元に決定されます。

観測期間中の観測地点における真夏日の日数 利率(税引前)
0日 0.1%
1日 0.2%
2日 0.3%
3日 0.4%
4日 0.5%
5日 0.6%
6日 0.7%
7日 0.8%

その他

名称 マネックスグループ株式会社 2018年8月16日満期
気温参照型クーポン付 円建社債
(愛称:第35回個人向けマネックス債 夏祭り)
発行体 マネックスグループ株式会社
格付け BBB(日本格付研究所)
利払日 年1回(償還日のみ)
償還日 2018年08月16日
申込単位 額面10,000円単位
申込期間 2017年8月9日9時から2017年8月15日14時まで

前回は期間6ヶ月、利率0.30%でした。今回は期間1年、利率は東京の真夏日の日数により最低0.10%~最高0.80%で決定されます。

手数料等

債券の取引の際には、購入対価のみで取引手数料はかかりません。

申込み可能者

  • 個人、法人のを問わず申込みできます。
  • 米国籍、米国の外国人永住権を保有されている方は、購入できません。

情報ソース

第35回 個人向けマネックス債 夏祭り(愛称)| マネックス証券

申込注意点

先着順です。

マネックス債 発行履歴

名称 償還年月 期間 利率
 第35回マネックス債 夏祭り 2018/08 1年 0.10%

0.80%
第34回マネックス債 2017/12 6ヶ月 0.30%
第33回マネックス債 2017/05 1年 0.60%
第32回マネックス債 2018/12 5年 1.50%
第31回マネックス債 2018/11 5年 1.50%
第30回マネックス債 2018/10 5年 1.50%
第29回マネックス債 2016/07 3年 1.30%
第28回マネックス債 2013/12 6ヶ月 0.70%
第27回マネックス債 2013/10 6ヶ月 0.70%
第26回マネックス債 2014/03 1年 1.00%
第25回マネックス債 2014/03 1年 1.00%
第24回マネックス債 2011/07 1年 1.10%
第23回マネックス債 2011/02 1年 1.20%
第22回マネックス債 2010/12 1年 1.20%
第21回マネックス債 2010/09 1年 1.20%
第20回マネックス債 2010/09 6ヶ月 1.10%
第19回マネックス債 2009/12 6ヶ月 1.10%
第18回マネックス債 2009/09 3ヶ月 1.00%
第17回マネックス債 2009/09 6ヶ月 1.10%
第16回マネックス債 2009/06 3ヶ月 1.00%
第15回マネックス債 2009/04 3ヶ月 1.00%
第14回マネックス債 2009/02 3ヶ月 1.00%
第13回マネックス債 2008/12 3ヶ月 1.00%
第12回マネックス債 2008/10 3ヶ月 1.04%
第11回マネックス債 2008/08 3ヶ月 1.00%
第10回マネックス債 2008/06 3ヶ月 1.00%
第9回マネックス債 2008/05 3ヶ月 1.00%
第8回マネックス債 2008/04 3ヶ月 1.04%
第7回マネックス債 2008/03 3ヶ月 1.00%
第6回マネックス債 2008/02 3ヶ月 1.00%
第5回マネックス債 2008/01 3ヶ月 1.00%
第4回マネックス債 2007/12 3ヶ月 1.00%
第3回マネックス債 2007/11 3ヶ月 1.00%
第2回マネックス債 2007/10 3ヶ月 1.00%
第1回マネックス債 2007/10 3ヶ月 1.00%

リスク

人気のマネックス債ですが、社債の信用リスクと利回りの得失を個人投資家が判断するには

  • 格付け会社による各社の格付け
  • 日本証券業協会のホームページの格付けマトリックス表

などを見て、利回りの見当をつけることは出来るかもしれません。 しかし、格付けに頼るのは危ういです。 なぜなら

発行体から格付け手数料をもらう格付け会社のビジネスモデルに問題があることは、サブプライム問題で嫌というほど明らかになったが、この点は根本的に改善されていない。 また、実績から見て、格付けの悪化は、発行体の状況悪化が公知のものとなって、債券の利回りが上昇した後で行われることが多い。 これでは格付け会社ではなく、「後付け会社」とでも呼びたくなる。

個人向け社債ブームにあえて水を差す|山崎元のマネー経済の歩き方より引用

最後に

マネックスグループ株式会社が1年以内に倒産するかどうか、私にはわかりません。

かつてはSBI債と同じぐらい人気のあったマネックス債ですが、日銀のマイナス金利の影響でずいぶん利率も下がりました。

年利率は観測期間(2017年8月25日~31日)の東京の「真夏日の日数」により変動します。

マネックス証券の信用リスクをかぶるのであれば、1,000万円とその利息まで保護される、金融機関の高金利キャンペーンを選択したほうが無難でしょう。

<公式HP>マネックス証券

スポンサーリンク