<--ウェブマスターツール-->

みずほ銀行  個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)がリニューアルでシンプルかつ手数料割引も

確定拠出年金(iDeCo)

DC

みずほ銀行

平成29年1月から専業主婦や公務員そして一部のサラリーマンも個人型確定拠出年金に加入することが出来る様になります。

みずほ銀行で2017年1月より運営開始となる新しい「みずほ個人型プラン」がプレスリリースされています。

スポンサーリンク






いつから?

2017年1月1日付で新しいみずほ個人型プランを運用開始

参照:みずほ銀行 : 個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)

みずほ銀行の 個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ) 投資信託

分類 名称
[運用会社名]
信託報酬
(税抜)
バランス型 投資のソムリエ<DC年金> 1.10%
投資のソムリエ<DC年金>リスク抑制型 0.59%
国内債券 たわらノーロード 国内債券 0.15%
国内株式 DIAM DC 国内株式インデックスファンド 0.155%
海外債券 たわらノーロード 先進国債券  0.20%
たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり> 0.20%
海外株式 たわらノーロード 先進国株式 0.225%
たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり> 0.225%
国内REIT たわらノーロード 国内リート 0.26%
海外REIT たわらノーロード 先進国リート 0.35%

参照:みずほ銀行 : みずほ銀行の商品ラインアップ

みずほ銀行の 個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ) 手数料

加入時・移換時

支払先 加入者
(加入時・移換時)
運用指図者
(移換時)
国民年金 基金連合会 2,777円 2,777円
事務委託先金融機関
みずほ銀行
合計 2,777円 2,777円

※消費税込み、以下注記ない限り消費税込み

毎月の手数料

支払先 加入者 運用指図者
国民年金 基金連合会 103円
事務委託先金融機関 64円 64円
みずほ銀行 293円 293円
月額合計[A] 460円 357円
年額合計[A]×12 5,520円 4,284円

年間最大444円割引の手数料

運営管理機関の手数料割引

  1. 掛け金引き落とし口座にみずほ銀行の口座を指定・・・27円/月割引
  2. 確定拠出年金の専用ウェブサイトにて、メールアドレスを登録し、運用サポートツール「SMART FOLIO<DC>」でGOAL(目標金額)を設定・・・10円/月割引

上記1.2.をすべて満たした場合

支払先 加入者 運用指図者
国民年金 基金連合会 103円
事務委託先金融機関 64円 64円
みずほ銀行 256円 256円
月額合計[A] 423円 320円
年額合計[A]×12 5,076円 3,840円

SMART FOLIO(スマートフォリオ)

スマートとポートフォリオを組み合わせた造語です。

  • 年齢
  • 年収
  • 投資目的等

などの質問を回答することにより、リスク許容度に合った、商品の組み合わせが表示されます。

参照:みずほ銀行:iDeCo版「SMART FOLIO <DC>(スマートフォリオ)」ロボ・アドバイザー

コールセンター

みずほ銀行 確定拠出年金コールセンター

0120-089-041

フリーダイヤルを利用できない場合:044-741-45318通話料有料)

<オペレータサービス利用時間帯>

月曜~金曜 9:00~21:00

土曜・日曜、祝日、振替休日 9:00~17:00

(12/31~1/3、ゴールデンウィークの一部の日及びメンテナンスの日を除く)

最後に

2017年1月1日からリニューアルされる、みずほ銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)は

  • たわらノーロードシリーズの超低コストなインデックスファンド
  • 条件を満たせば毎月の手数料割引

とメガバンクにしては、かなり力が入っています。最安・最高ではありませんが、かなり良心的な内容です。

みずほ銀行を皮切りに他のメガバンクなど金融機関の動向に注目です。新しい動きがあり次第、ブログでお伝えします。

スポンサーリンク