<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

みのりの投信とひふみ投信を比較 2014年10月末

2014年11月22日積立シミュレーション

ひふみ投信

みのりの投信を設定・運用するのは立田博司氏。
立田氏は初期の「ひふみ投信」のファンドマネジャーです。

もう一人の運用担当者である金崎氏もレオス・キャピタルワークスで約5年半にわたりアナリスト、ファンドマネージャーとして運用業務に従事されていました。

スポンサーリンク




商品概要

名称 みのりの投信 ひふみ投信
運用方針 マザーファンドを通じて、主として日本および海外の株式に投資する。

投資にあたっては、日本円でみた資産の着実な成長を図ることを目的とし、「剛・柔・善」企業への規律ある集中投資によって、“階段型” の基準価額上昇を目指す。

原則、為替ヘッジなし(市況動向によっては一時的に為替ヘッジを行う場合あり)。

「ひふみ投信マザーファンド」を通じて、円貨での信託財産の長期的な成長を図ることを目的として、国内外の株式に投資する。

運用にあたっては、国内外の長期的な経済循環を勘案して、適切な国内外の株式市場を選び、そのなかで長期的な企業の将来価値に対して、その時点での市場価値が割安であると考えられる銘柄を選別し、長期的に分散投資する。

設定日 2013年04月30日 2008年10月1日
純資産額 43.6億円 110.9億円
申込手数料 楽天証券ではノーロード(無料) ノーロード(無料)
信託報酬(税抜) 年1.75% 年0.98%
実際の経費率(税抜)
年2.00%

年1.22%
信託財産留保額 なし なし
償還日 無期限 無期限

※2014年10月末のデータ。各商品説明サイトおよびモーニングスターより

比較チャート(1年)

比較チャート(1年)

青:みのりの投信
赤:ひふみ投信

リターン

リターン(%) みのりの投信   ひふみ投信 
1ヶ月 +1.76 +0.62
3ヶ月 +2.94 +5.10
6ヶ月 +3.64 +10.30
1年 +3.90 +24.41
2年 +96.15
3年 +112.72
5年 +119.82

積立シミュレーション

みのりの投信がローンチされた2013年4月末に10,000円ずつ積み立てたら、評価額がどうなっているかをシミュレーション。

みのりの投信がローンチされた2013年4月末に10,000円ずつ積み立てたら、評価額がどうなっているかをシミュレーション。

※口数=投資金額÷基準価額で計算

みのりの投信が新規設定以来の積立投資の差

投資開始年月 投資総額
評価額
差額
みのりの投信 ひふみ投信 みのりの投信-ひふみ
2013年4月
190,000
198,649
217,634
-18,985

2013年4月からの差は190,000円の投資で18,985円 ひふみ投信の方が良い成績となりました。

最後に

現状ではひふみ投信の方がコストも安く、投資成績も良いです。

みのりの投信の9月末の資産内容は日本株式:24銘柄、90.6%となっています。

引き続きウォッチしていきます。

スポンサーリンク