<--ウェブマスターツール-->

松井証券 iFreeシリーズや楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドを含め30銘柄の取扱いを開始

ファンド

good

松井証券

新たに30銘柄の投資信託の取扱いが開始されます。

今回は、個人投資家に人気の「iFree」シリーズを新たに取扱われます。

また、「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」も取扱銘柄に加わります。

今回の追加により、つみたてNISA取扱投資信託は104本となります。

スポンサーリンク






iFreeシリーズや楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドを含め30銘柄の取扱いを開始

いつから?

2018年3月26日(月)(予定)

購入時手数料

0円(ノーロード)

新規追加銘柄

銘柄正式名称 資産クラス 運用会社
スパークス M&S ジャパンファンド 国内株式 スパークス・アセット・マネジメント
スパークス・少数精鋭・日本株ファンド 国内株式
スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド 国内株式
ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド その他 ブラックロック・ジャパン
楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド 先進国株式 楽天投信投資顧問
ダイワ・ライフ・バランス30 その他 大和証券投資信託委託
ダイワ・ライフ・バランス50 その他
ダイワ・ライフ・バランス70 その他
iFree 8資産バランス その他
iFree JPX日経400インデックス 国内株式
iFree TOPIXインデックス 国内株式
iFree 日経225インデックス 国内株式
iFree 新興国株式インデックス 新興国株式
iFree 新興国債券インデックス 新興国債券
iFree NYダウ・インデックス 先進国株式
iFree S&P500インデックス 先進国株式
iFree 外国株式インデックス 先進国株式
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり) 先進国株式
iFree 外国債券インデックス 先進国債券
ゴールド・ファンド(為替ヘッジなし) コモディティ 日興アセットマネジメント
ノーロード・パン・アジア高配当株式フォーカス(毎月分配型) その他
のむラップ・ファンド(積極型) その他 野村アセットマネジメント
野村インデックスファンド・海外5資産バランス その他
野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型 その他
野村インデックスファンド・JPX日経400 国内株式
野村インデックスファンド・TOPIX 国内株式
野村インデックスファンド・日経225 国内株式
野村インデックスファンド・新興国株式 新興国株式
野村インデックスファンド・外国株式 先進国株式
野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型 先進国株式

情報ソース

【投資信託】「iFree」シリーズや「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」を含め30銘柄の取扱いを開始します | 松井証券

その他の取り扱い銘柄

を取り扱っています。

<松井証券の投資信託について更に詳しい記事はコチラ>

  1. 松井証券 楽天・新興国株式インデックス・ファンドやi-SMTシリーズなど30銘柄を取扱開始 
  2. 松井証券 ひふみプラスやeMAXIS Slimなど31銘柄を取扱開始 
  3. 松井証券 超低コストインデックスファンドを引っさげて投資信託の取扱を再開

投資信託の最低購入金額は100円

投資信託の最低購入金額が100円に引き下げられました。

これにより毎月の投資金額が少ない場合、最低1,000円単位だったので2~3ファンドまでが、より多くのファンドを選択できるようになります。

配当金や分配金の受取後の預り金の端数は追加入金するか、次回の受け取りまで待つなど、まとまった金額にしなければ次の投資に利用できませんでしたが、100円以上1円単位で投資信託の買い付けができます。

ポートフォリオの資産配分も100円以上1円単位で通常買付でも追加買付できるので、細かな調整ができます。

<参考記事>松井証券 投資信託が100円から購入できるように

ポートフォリオ提案サービス『投信工房』

最近話題になっているファンドラップに対抗するサービスであり、投資信託による長期的な資産運用をサポートします。

具体的には、ポートフォリオの提案から資産運用開始後のサポートまで、一連のサービスを提供します。

<投信工房について更に詳しい記事はコチラ>ポートフォリオ提案サービス『投信工房』

最後に

松井証券で当初の超低コストファンドに加えて、iFreeシリーズや楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドを含め30銘柄の取扱いが開始されます。

一部高コストファンドもありますが、松井証券の投資信託に対する本気度がうかがえます。

今後も松井証券の新しい情報をキャッチしたらブログで紹介します。

スポンサーリンク