<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

2012年 高還元率クレジットカードを選ぶ3つのポイント

2012年5月26日クレジットカード

K-Powerカードが2012年8月15日をもってサービス終了になります。
関連記事
K-Powerカード退会届が到着 最後までキャッシュバックを受けるには

乗り換え先のクレジットカード選びのポイントは3つあります。

  1. 年間決済額
    年間決済額が少ない場合、年間獲得ポイントが少ないです。
    多くのカード会社では、ポイントの有効期限を最大2年間に設定しているので
    景品と交換するのに必要なポイントが高めに設定されていると、必要ポイント数に
    到達せずせっかく貯めたポイントを無駄にしてしまう事も考えられます。

    たとえ高還元率でも年会費有料のカードでは、還元分と年会費で
    相殺されてしまいます。

    下手したらマイナスになってしまう場合もあります。

  2. 家族カードの有無
    家族がいる場合 夫と妻で1枚ずつクレジットカードを発行するよりも
    家族カードを発行して利用した方が利用金額・獲得ポイントが合算され
    ポイント獲得ロスが少なくなります。

  3. 国際ブランド
    地域によっては国際ブランドのVISAやMasterは利用できても
    JCBが使用できない店舗があります。中部地方だとスーパーの
    バロー(9956)がそうです。
    (2012年5月現在、ホームセンターバローでは利用可能)

以上を踏まえてポイントを無駄にしないクレジットカード選びが大切です。

では、どんなカードがあるのでしょうか。

フローチャートにしてみました。

※あくまで還元率にこだわったカードです。
付帯保険やコンシェルジュなどのサービス、ETCカードの有無、
提携ショッピングモールでのネットショッピングは考慮していません。
マイルが貯まるカードについては取り上げません。
カードフェイスも気にしません。

※クリック拡大

漢方スタイルクラブカード
は2012年12月3日より

  • カードデザインの変更
  • 家族カード追加
  • Webでポイント申請スタート
  • ANAマイルへの交換必要ポイント引き下げ

が行われ年間決済額21万円以上の場合、最強の還元率カードとなりました。

参考記事
漢方スタイルクラブカードがサービスリニューアルで最強のクレジットカードへ

カード名 漢方スタイルクラブカード
JACCSリーダーズカード  三井住友エブリプラス
国際ブランド JCBのみ
※上記参照
VISAのみ VISAのみ
家族カード × ○ 
※420円/年の
年会費
年会費 1,575円 2,625円 永久無料
還元率 1.75~2.25%
キャッシュバック
1.5%キャッシュバック
(Amazon利用なら1.8%)
1.5%~1.65%還元
備考 キャッシュバック申請が郵送のみ
※上記参照
・年間50万円以上の利用で次年度の本会員カードと家族カードの年会費が無料
・キャッシュバック申請が郵送のみ
・JACCSモールを経由してAmazonで利用すると更に0.5%に相当するJデポを付与
・要リボ払い手数料の請求
・毎月決まった日にちにローソンor三井住友銀行のATMへ行きマイ・ペイすリボ残高残し(Google検索)が出来るか

他の年間決済額50万円未満で1%還元カードとしては

カード名 楽天カード SBIレギュラーカード P-one Standard
国際ブランド JCB
VISA
Master
Masterのみ Masterのみ
家族カード ○ 
※年会費210円/年
年会費 永久無料 永久無料 永久無料
備考 100円で1ポイント1円分の楽天スーパーポイントが付与 1,000円未満の金額は翌月以降の利用金額に加算されてポイント付与 月間15万円の利用まで請求時1%OFF

平均還元率5%のK-Powerカードと比べると改めてその偉大さがわかります。

キャッシュバックでここまでの還元率が達成できるクレジットカードは未来永劫
出てこないと思います。

ちなみに私は

ので漢方スタイルクラブカード
を選びました。

名残惜しいですが、K-Powerカードの後釜はライフスタイルに適した
クレジットカードを選ぶ事が大切です。

スポンサーリンク