<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

【スマホ代節約まとめ】 格安スマホ(SIMフリー端末)を比較 コストパフォーマンスの高いスマホを紹介

2015年4月5日スマホ代節約

【通信費節約】 格安スマホ(SIMフリー端末)を比較 コストパフォーマンスの高いスマホを紹介

『スマホの料金が高くてなんとかしたい』と思っている方。
なぜ、高額なドコモ、au、ソフトバンクをまだ契約しているのでしょうか。

例えばiPhone6plusの場合。

64GBで端末代金は約96,000円(税込)かかります。
※各種割引は考慮していません。

電話、LINE、SNSぐらいの利用であれば、料金が半額以下になる格安スマホがあります。

更に格安のSIMカードと組み合わせることで通信費をかなり削減できます。

スポンサーリンク




群雄割拠の格安スマホ

イオンやビックカメラ、ノジマ、エディオンなど様々な企業が格安スマホ競争に参入しています。
選択肢の増加は利用者として嬉しい事ですが、沢山種類がありすぎて格安スマホ選びに迷います。

数多くある格安スマホの中からコストパフォーマンスの高い端末を紹介します。

コストパフォーマンスの高いスマホ

端末名
ストレージ
8GB
16GB
32GB
16GB
8GB
8GB
実質
ストレージ
16GB版
の場合、
11.28GB
アプリ
(3.88GB)
写真・音楽
(8.85GB)
に分割
3.82GB
5.74GB
ストレージ
の分割
分割なし
分割あり
分割なし
分割なし
RAM
2GB
1GB
ディスプレイ
5.0インチ
HD
5.0インチ
5.0インチ
HD
4.5インチ
SD
カード
スロット
×
重量
約145g
約132g
約160g
約132g
LTE
×
3G
バッテリー

(mAh)
2,100
2,300
2,000
1,700
アウト
カメラ

(画素)
800万AF
500万AF 
イン
カメラ

(画素)
200万FF
100万FF
200万FF
200万FF
ブラック、
ホワイト、
レッド、
ゴールド
ブラック、
ホワイト
値段
8GB 24,624円
16GB 28,944円
32GB 32,184円
22,500円
23,500円
10,778円
セール時の
値段
19,500円
 18,800円

※各社データより
※税込み(8%)
※2015年4月時点
※セールはgoo SimSellerの最安値

端末を選ぶなら

ZenFone 5

  • 高い
  • RAM:2GB 
Blade Vec 4G

  • SDカードが使えない
  • ストレージが2分割(3.88GBと8.55GB)
Ascend G620S

  • 端末が約170g重い
  • Bluetoothテザリング不可
freetel priori2

  • 安い
  • 2点タッチ時の反応がイマイチ
  • LTEではない(3G)

上記の特徴があります。

正直、どの端末も一長一短なので端末代金にいくら出せるのか(予算)で選んだほうが良いです。

ZenFone 5であれば、「スペックが低くて後悔」ということはないでしょう。

格安スマホが安い理由

  1. 通話料金がプランに組み込まれていない
  2. 回線をキャリアから借りて提供しているため、回線設備を維持したり拡張する、といった設備コストがかからない
  3. オンラインショップでの販売を中心にすることで、人件費や店舗維持費などのコストを抑えている

といった理由があげられます。

格安スマホで出来ないこと

  • キャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jpなど)
  • キャリアのスマホで搭載されていた機能(おサイフケータイ、テレビ)
  • キャリア決済(SPモード決済など、スマホ代と一緒に支払う方法)

格安スマホをオススメしない方

  • 3Dゲームアプリ
  • 動画
  • 写真
  • ファイルのアップロード

などをガンガン行こうぜな方。

また、iOS専用アプリを利用している方。

ハイスペックのiPhoneをオススメします。

最後に

以前の格安スマホは
「データ制限があるから安い」
「端末のスペックが低いから安い」
などの特徴がありましたが、現在は完成度が高い端末も多くなってきました。

電話、LINE、SNSぐらいが主な利用のライトユーザーは、料金が半額以下になる格安スマホがオススメです。

スポンサーリンク