<--ウェブマスターツール-->

2016年4月から電力自由化! 最安値を探すなら「価格.com 電気料金比較」

2016年1月22日電気・ガス・水道代

2016年の4月に「電力自由化」が始まります。

「電力自由化」は現在の電力会社だけでなく、新たに参入する電力会社からも電気を契約できるようになります。

大手が独占とか低圧が何ボルトとか専門的な話しは私のような一般人には必要ないです。

 
2016年4月以降は自分のライフスタイル・価値観に合った電力会社を選ぶことができるようになります。

 

おトクな電気料金プランを自分自身で選ぶ時代がやってくる。つまり家庭の電気代が安くなる大きな転換点となります。

スポンサーリンク






通信会社、ガス会社、コンビニまでもが電力自由化に参戦

サービス名 特典・割引など
ソフトバンクでんき 電気料金と携帯電話料金のセット割引プラン
auでんき auスマホとセットで電気代をもっとおトクに
東京ガスのずっともプラン 電気とガスのセットで電気料金がお得に
大阪ガスの電気 電気とガスのセットで電気料金がお得に
東邦ガスの電気 電気とガスのセットで電気料金がお得に
ENEOSでんき 電気とガソリンをENEOSカード支払いで割引
東燃ゼネラルグループ「myでんき」 最大6%割引
東急パワーサプライ 東急電鉄の定期券、ケーブルテレビ会社「イッツコム」を加えたトリプリセット割
eo電気 シンプルな電気料金
J:COM電力 家庭用コース J:COMサービスとセットで最大10%割引
ローソンと三菱商事 電気料金に応じてポイントがたまる特典

などなど、経済産業省の登録を受けた小売電気事業者は現在までに約120社にのぼっています。

2016年4月に向けて今後も参入業者が増えるでしょう。

結局どの電力会社を選べば一番得なのか

電力自由化が始まれば今以上に料金プランや周辺サービスによる割引・特典の多様化・拡充がされるでしょう。

そこで

・比較と言えば価格.com
・価格.conと言えば比較

と比較の大手サイト価格.comでは電力自由化に対応した電気料金プランの比較サービスを公開しました。

価格.com – 電気料金比較|115プラン掲載!電気代節約するなら

お得な電気料金プランを探すには

価格.com – 電気料金比較|115プラン掲載!電気代節約するならをクリック

少し下にスクロールすると日本地図があるので、知りたい都道府県をクリック

1

郵便番号を入力、現在の電力会社、契約種別、契約容量を選択

2

世帯人数を入力、平日の昼間の居住、土日の昼間の居住を選択

3

月間使用量(kWhまたは電気代)を入力し、計算をクリック。「検索する」をクリック

4

節約額の大きい順プランが表示されます

5

その他にも契約期間や限定キャンペーンで条件を絞り込むことができます

6

価格.com – 電気料金比較なら簡単に申込

価格.com – 電気料金比較では料金プランの情報ページでは、プランの特徴や料金表、実施中のキャンペーン情報、申し込みの流れなど詳細情報が掲載されます。

そのまま事業者公式サイトへ移動し、ワンストップで申し込むこともできます。

価格.com – 電気料金比較ならお得なキャンペーンも期待

価格.comと言えばプロバイダ契約でのキャンペーン割引が特徴です。

今後、電力自由化の波が大きくなれば、価格.com独自のお得なキャンペーンも期待できそうです。

ちょっと待って!安くなるのはいいけど、停電が増えたり電気が不安定になったりしないの?

新しい電力会社と契約した場合でも、電気を送る電線や設備はこれまで通り地域の電力会社(一般電気事業者)のものが利用され電気を家庭に届けます。

もし契約した新電力会社の発電量が不足した場合でも、地域の電力会社が不足分を補う仕組みです。

なので停電になったり、供給が不安定になったりすることはありません。

最後に

2016年に始まる家庭向けの「電力自由化」。これを機に電気を取り巻く環境は大きく変化します。

・とにかく安い電気
・情報やオプションサービスが充実した電気
・ソーラー発電や風力発電などの再生可能エネルギーで発電した環境に配慮した電気
・新しい電力会社が得意とする分野と電気料金を組み合わせたユニークなプラン

など、電気料金プランは例えば携帯電話のように、複数の会社が提供する料金プランや契約メニューの中から自分に最適なものを自由に選ぶことができます。

自由度が高まる分、自分にとって1番お得で使いやすい業者を選ぶことが大切になります。

スポンサーリンク