<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

SBI証券、楽天証券も 超低コストS&P500インデックスファンド他1本を一般発売

ファンド

スタート

SBI証券、楽天証券も「iFree」シリーズの超低コストファンド

  • iFree S&P500インデックス
  • iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり)

の取り扱いを開始しました。

スポンサーリンク




iFree S&P500インデックスについておさらい

信託報酬

年0.225%

※税別、以下注記ない限り税別

信託財産留保額

ありません

iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり)のおさらい

信託報酬

年0.210%

信託財産留保額

ありません

販売手数料

  • iFree S&P500インデックス
  • iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり)

ともにノーロードです。

情報ソース

最後に

マネックス証券に続きSBI証券、楽天証券も一般発売します。

販売会社の追加は純資産額の増加につながりやすいです。純資産額の増加はスケールメリットが働きファンドが資産を売買する際のコストが安くなります。

更に信託期間の途中でも運用が終了する「繰上償還」の可能性が低くなります。

<SBI証券、楽天証券について更に詳しい記事はコチラ>

スポンサーリンク