<--ウェブマスターツール-->

変わり種 iFreeNEXTシリーズ バイオとFANGの2本を2018.1.31新規設定

2018年1月31日ファンド

US アメリカ
  • iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックス
  • iFreeNEXT FANG+インデックス

を大和証券投資信託委託が新規に設定します。

低コストではありませんが、なかなか興味深いファンドです。

スポンサーリンク






iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックスの概要

ベンチマーク

NASDAQバイオテクノロジー指数(円ベース)

信託報酬

年0.725%

※税別、以下注記ない限り税別

NASDAQバイオテクノロジー指数(円ベース)とは

  • NASDAQ市場に上場され、バイオテクノロジーまたは医薬品に分類される企業の株式の値動きに連動
  • 時価総額加重型
  • 1993年11月1日を基準日としていて、同日の指数値を200として算出

業種別構成比率

国名 構成比率
バイオテクノロジー 82.19%
医薬品 10.95%
ライフサイエンス・ツール/サービス 6.39%
ヘルスケア機器 0.25%
キャッシュ等 0.06%

構成上位10銘柄

銘柄名 業種 構成比率
GILEAD SCIENCES INC ヘルスケア 8.26%
BIOGEN INC INC ヘルスケア 8.13%
AMGEN INC ヘルスケア 8.13%
CELGENE CORP ヘルスケア 7.68%
REGENERON PHARMACEUTICALS INC ヘルスケア 5.05%
VERTEX PHARMACEUTICALS INC ヘルスケア 4.14%
ILLUMINA INC ヘルスケア 3.99%
ALEXION PHARMACEUTICALS INC ヘルスケア 3.56%
MYLAN NV ヘルスケア 3.30%
INCYTE CORP ヘルスケア 2.57%

※いずれも2018年1月末時点

iFreeNEXT FANG+インデックスの概要

ベンチマーク

NYSE FANG+指数(円ベース)

信託報酬

年0.705%

NYSE FANG+指数(円ベース)とは

「FANG」とは、主要銘柄であるフェイスブック(Facebook)、アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)、ネットフリックス(Netflix)、グーグル(Google)の頭文字をつないだものです。

  • 次世代テクノロジーをベースに、グローバルな現代社会において人々の生活に大きな影響力を持ち、高い知名度を有する米国上場企業を対象に構成された株価指数
  • 下記企業に等金額投資したポートフォリオで構成

構成銘柄

  1. フェイスブック
  2. アマゾン・ドット・コム
  3. ネットフリックス
  4. グーグル親会社のアルファベット
  5. アップル
  6. ツイッター
  7. アリババ・グループ・ホールディング
  8. 百度(バイドゥ)
  9. エヌビディア
  10. テスラ

共通の概要

信託財産留保額

ありません

販売手数料

ありません

設定日

2018年1月31日

信託期間

無期限

販売会社

みずほ信託銀行株式会社

情報ソース

EDINET

iFreeシリーズ

名称 信託報酬(税抜)
iFree TOPIXインデックス TOPIX
年0.17%
iFree 日経225インデックス
年0.17%
iFree JPX日経400インデックス
年0.195%
iFree 外国株式インデックス
年0.19%
iFree 外国株式インデックス (為替ヘッジあり)
年0.19%
iFree NYダウ・インデックス
年0.225%
iFree S&P500インデックス
年0.225%
iFree 新興国株式インデックス
年0.34%
iFree 日本債券インデックス
年0.22%
iFree 外国債券インデックス
年0.18%
iFree 新興国債券インデックス
年0.22%
iFree J-REITインデックス
年0.29%
iFree 外国REITインデックス
年0.31%
iFree 8資産バランス
年0.22%

<更に詳しい記事はコチラ>

iFreeActiveシリーズ

名称 信託報酬(税抜)
iFreeActive ゲーム&eスポーツ
年1.11%
iFreeActive EV 年1.11%
iFreeActive エドテック 年1.11%
iFreeActive チャイナX
年1.11%

<参考記事>ニッチのアクティブ iFreeActiveシリーズ ゲーム&eスポーツ、EV、エドテック、チャイナXの4本を2018.1.31新規設定

最後に

iFreeに

  • iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックス
  • iFreeNEXT FANG+インデックス

2本のNEXTシリーズが新規設定されました。米国のテーマ型インデックスファンドに投資できます。

いずれのファンドも、知る限り初めて設定されます。

今回新規設定されたファンドは、当初販売会社がみずほ信託銀行だけなので、ネット証券で一般発売されるなど、情報が入り次第ブログでお伝えします。

投資する場合は、いずれのファンドも資産形成の核ではなくサテライトとして利用したほうが良いでしょう。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク