<--ウェブマスターツール-->

国民年金および厚生年金の保険料の積立金を運用している機関の基本ポートフォリオに近づけるiFree年金バランスが2018.8.31設定

2018年8月15日ファンド

good

iFreeシリーズを運用する大和投資信託が

  • iFree年金バランス

を新規に設定します。

スポンサーリンク






iFree年金バランスの概要

ファンドの目標

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の基本ポートフォリオに近づける

信託報酬

0.159%

※税別、以下注記ない限り税別

信託財産留保額

ありません

当初販売会社

SBI証券

設定日

2018年8月31日

販売手数料

ありません

信託期間

無期限

情報ソース

EDINET

新ファンドのお知らせ【iFree 年金バランス】(PDF)

GPIFの基本ポートフォリオ

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は「長期的な観点から安全かつ効率的な運用」を行うため、各資産を組み合わせた資産構成割合を「基本ポートフォリオ」として定めています。

具体的には、「安全かつ効率的な運用」を行う観点から、以下のとおり複数の資産を組み合わせて運用を行うこととしています。

なお基本ポートフォリオは、年金特別会計で管理する積立金を含めた年金積立金全体に対し、国内債券35%(±10%)、国内株式25%(±9%)、外国債券15%(±4%)、外国株式25%(±8%)です。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)とは

将来の年金の支払いに備え、国民から集めた国民年金および厚生年金の保険料の積立金を運用してる機関です。

 

iFree年金バランスとGPIF基本ポートフォリオのベンチマークの違い

アセットクラス iFree年金バランス GPIF基本ポートフォリオ
国内株式 TOPIX TOPIX配当込み
外国株式 MSCIコクサイ指数(円ベース) MSCI ACWI(除く日本、円ベース)
国内債券 ベンチマークなし(ネオ・ジャパン債券マザーファンドに投資) NOMURA-BPI「除くABS」
外国債券 FTSE世界債券インデックス(除く日本、円ベース) FTSE世界債券インデックス(除く日本、円ベース)

外国株式と国内債券のベンチマークが違います。

iFreeシリーズの他のファンド

名称 信託報酬(税抜)
iFree TOPIXインデックス TOPIX
年0.19%
iFree 日経225インデックス
年0.19%
iFree JPX日経400インデックス
年0.21%
iFree 外国株式インデックス
年0.21%
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり)
年0.21%
iFree NYダウ・インデックス
年0.225%
iFree S&P500インデックス
年0.225%
iFree 新興国株式インデックス
年0.34%
iFree 日本債券インデックス
年0.22%
iFree 外国債券インデックス
年0.18%
iFree 新興国債券インデックス
年0.22%
iFree J-REITインデックス
年0.29%
iFree 外国REITインデックス
年0.31%
iFree 8資産バランス
年0.23%

<更に詳しい記事はコチラ>大和証券投資信託委託 超超・低コストなインデックスファンド「iFree」シリーズ12本を2016.9.8に設定

最後に

iFreeシリーズを運用する大和投資信託が「iFree年金バランス」を新規に設定します。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の基本ポートフォリオに近づけることを目標とします。信託報酬も年0.159%と超低コストです。

今度、どのような運用となるのか興味深いファンドです。

しかしながらiFree年金バランスはGPIF以下のベンチマークが違います。

  • 外国株式・・・全世界株式ではなく、先進国株式。
  • 国内債券・・・NOMURA-BPI「除くABS」ではなく、ベンチマークなし(アクティブ)。

となるため、注釈に「GPIFの投資成果に連動することを目指すものではありません」と明記されています。

十分に理解した上で投資を検討しましょう。

スポンサーリンク