<--ウェブマスターツール-->

もし、円安トレンドが始まったら・・・その2 谷深ければ、山高し

2012年4月4日投資

JPモルガン・アセット・マネジメント 投資耳
もし、円安トレンドが始まったら・・・
その1 円高の後は円安(pdf)
その2 谷深ければ、山高し(pdf)

ドル/円が80円に戻ってきたことで円高トレンドが反転

もし、円安になったら?

ということが述べられています。

更に過去の実績から計算したらどのくらい円安まで行くのかを計算しています。

※レポートより引用

傾向を利用して、2007年から始まった円高トレンド(55ヵ月で38%の円高)が、
この1月で終了したという仮定の下で、次のドル高(円安)トレンドの大きさを計算すると、
約37ヵ月継続して、39%ドル高(円安)が進むこという結果が出ます。
1月末のドル円レート76円29銭から39%ドル高(円安)が進むと、106円という計算です。

106円はかなりの円安ですね。

円安になるとファンドの基準価額が上昇して、ファンドの購入口数も少なくなので、
しばらくは円高でもいいかなと思っていました。

しかし、円高では

勤めている会社の海外販売収益が落ちる

会社の業績が下がる

ボーナスの支給金額が下がる

ファンドを購入する金額の絶対額が下がる

ということになるのではないかと・・・

社畜である私の戯言です。

スポンサーリンク