<--ウェブマスターツール-->

日本を含む世界のオートメーション及びロボティクス関連企業で構成 iシェアーズ ロボティクス ETFが2018.11.15上場

2018年11月15日ETF

iシェアーズ

iシェアーズ ロボティクス ETFが東京証券取引所に上場します。

「iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックス」との連動を目指します。

上場日は2018年11月15日です。

スポンサーリンク






iシェアーズ ロボティクス ETFの概要

銘柄コード、対象指数

銘柄コード 対象指数
2522 iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックス(TTM、円換算)

愛称

iSロボット

信託報酬

年0.48%(税別、以下注記ない限り税別)

信託期間

無期限

情報ソース

ブラックロック、ロボティクス関連産業を投資対象とする i シェアーズロボティクスETF を東証に上場予定(pdf)

iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックスについて

  • 製造ロボティクス
  • 自動運転車
  • 3D プリンティング
  • 人工知能

をはじめとする 40 以上のロボティクス及びオートメーション分野で技術開発を行なっている企業の中から、これらの事業の収益が企業収益全体の 50%以上を占める国内外の企業によって構成されます。

最後に

iシェアーズ ロボティクス ETFが新規設定されます。知る限り初めて設定されます。

同じようなファンドに

があります。

超低コストなインデックスファンドと比較すると、高いコスト分だけリターンが良くありません。また、一時的にはインデックスファンドよりも高いリターンとなる可能性がありますが、それがずっと続くとは限りません。

投資する場合は、いずれのファンドも資産形成の核ではなくサテライトとして利用したほうが良いでしょう。投資は自己責任でお願いします。

加えて指数の内容について、他の方に説明できないのであれば投資しないほうがいいでしょう。

投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク