<--ウェブマスターツール-->

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018 投票できますよ

投資

投票

今年も「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」の季節がやってまいりました。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」とは?

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

スポンサーリンク






Fund of the Year 2018 概要

投票期間

2018年11月1日(木曜日)から11月30日(金曜日)まで。

投票資格

“投信ブロガー”であること。2018年9月30日までにブログを開始していること。
投信ブロガーか否かの判断は運営委員会が行います。

対象となる投資信託

2018年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)。

海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なものを対象とします。

投票方法

投票者一人について5ポイントを持ち点とします。この5ポイントを1つから5つまでの投資信託に振り分けて投票してください。

1つの投資信託について1ポイントの整数倍で投票してください。つまり、5ポイントを1つのファンドに集中させてもよいですし、1ポイントずつ5つの投資信託に分散して投票することもできます。

結果発表

2019年1月13日(日)でイベント「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」を開催、発表予定です。

情報ソース

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018

歴代受賞ファンド

Fund of the Year 2位 有効投票者数
2007年 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド マネックス資産設計ファンド 20名
2008年 STAM グローバル株式インデックス・オープン (現:SMT グローバル株式インデックス) Vanguard Total Stock Market ETF(VTI) 27名
2009年 バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT) eMAXIS 新興国株式インデックス 45名
2010年 STAM グローバル株式インデックス・オープン (現:SMT グローバル株式インデックス) eMAXIS 新興国株式インデックス 59名
2011年 CMAM外国株式インデックスe (現:外国株式インデックスe) 結い 2101 57名
2012年 バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT) 外国株式インデックスe 64名
2013年 バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT) ニッセイ日経225インデックスファンド 83名
2014年
バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT)
115名
2015年
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
159名
2016年
たわらノーロード先進国株式
139名
2017年
楽天・全世界株式インデックス・ファンド
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式インデックスファンド
198名
2018年
???
???
???

昨年から2018年10月31日までに設定(一般解禁含む)された主な低コストファンド・ETF

下記はブログで紹介した投資信託やETFのニュースです。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に輝くファンド・ETFはあるのでしょうか。

超低コスト! eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)が2018.10.31設定

超低コスト SBIグローバル・バランス・ファンドが2018.10.4設定

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの信託報酬が引き下げ

EXE-iつみたてシリーズが「雪だるま」シリーズに名称変更

国民年金および厚生年金の保険料の積立金を運用している機関の基本ポートフォリオに近づけるiFree年金バランスが2018.8.31設定

低コスト! ダイワつみたてインデックスシリーズ 日本株式・外国株式・日本債券・外国債券の4本を2018.8.16設定

楽天・バンガード・ファンド シリーズに楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型・均等型・債券重視型)の3ファンドが2018.7.20追加

超低コスト! eMAXIS Slim米国株式(S&P500)が2018.7.3設定

超低コスト! 楽天・インデックス・バランス(DC年金)2018.5.25設定

業界最低水準コストを目指す eMaxis Slim全世界株式(3地域均等型)が2018.4.3設定 

超低コスト Smart-i8資産バランスファンド(安定型、安定成長型、成長型)の3本が2018.3.27設定

業界最低水準コストを目指す eMaxis Slim全世界株式(除く日本)が2018.3.19設定

i-mizuhoインデックスシリーズ ファンド新規設定、繰上償還など戦略的見直し

低コスト iシェアーズ インデックスシリーズ 信託報酬引き下げて登場

業界最低水準コストを目指す eMaxis Slim国内株式(日経平均)が2018.2.2設定

競争は続く  <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)を2018.2.13設定

ドイチェ・ETFバランス・ファンド  信託報酬引き下げとネット証券取り扱い追加

ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド 2018.1.10設定

たわらノーロード 最適化バランス(保守型、安定型、安定成長型、成長型、積極型)が2018.1.24設定

朗報 米国高配当株式(VYM)を投資対象とする楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドが超超・低コストで2018.1.10設定

低コスト S&P500連動インデックスファンド 含む2本 農林中金全共連アセットマネジメントが2017.12.19設定

超低コスト i-SMT グローバル株式と日経225の2本を2017.11.24設定

ネット証券での販売求む ニッセイ・インデックスパッケージ4ファンド 2017.11.17設定

特徴つかみにくい たわらノーロード スマートグローバルバランス(保守型、安定型、安定成長型、成長型、積極型)が2017.11.24設定

朗報 新興国株式(VWO)を投資対象とする楽天・新興国株式インデックス・ファンドが超超・低コストで2017.11.17設定

超低コスト たわらノーロードバランス(堅実型、標準型、積極型)が2017.11.8設定

 

最後に

今年も投票出来るまでブログを継続できたことを嬉しく思います。

また、この賞は、広告・宣伝・系列・コンサルタントなどの利害関係が一切無い個人による手作りのイベントです。

投票資格があるかどうかは運営側が判断されますので迷っている方は、投票に時間がかからないので是非投票しましょう。

今年は様々なファンドが新規設定されたので、どのファンドが栄冠に輝くのか楽しみです。

私は再度の信託報酬下げを実施した、eMaxis Slim先進国株式インデックスに注目しています。

スポンサーリンク