<--ウェブマスターツール-->

とことんコストにこだわったファンドが受賞 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018 #foy2018

投資

表彰

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018』が2019年1月13日に発表されました。

<関連記事>投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018に投票しました #foy2018

スポンサーリンク






投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018

  • 有効総投票者数 241名 (前年:198名)
  • 有効総ポイント 1,188(前年:980)

順位、ファンド名、年度ごとのFund of the Year順位

順位ファンド名’17’16’15’14’13’12’11’10’09’08’07
10位eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
9位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 1
8位eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
7位バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT) 933211631
6位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 1154381187631
5位eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)5
4位楽天・全米株式インデックス・ファンド3
3位 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
2位 <購入・換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンド 2111
1位eMaxis Slim先進国株式インデックス 13

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスが受賞

楽天・全世界株式インデックス・ファンド の連覇を阻みました。

66名の方が投票、177ポイントを獲得しました。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは、日本を除く先進国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざすファンドです。

信託報酬は驚異の年0.1095%(税別)です。

これまで何度も信託報酬の引き下げを実施していることが評価されたのでしょう。

  1. 感嘆! eMaxis Slim先進国株式インデックス  信託報酬引き下げ2018.1.30からeMaxis Slim国内株式インデックスとeMaxis Slim先進国株式インデックスの信託報酬を引き下げ
  2. 業界最低水準コストを目指す eMaxis Slimシリーズ5ファンド信託報酬引き下げ
  3. 業界最低水準コストを目指す eMaxis Slim新興国株式インデックス  信託報酬引き下げ

eMAXIS Slimシリーズが5本ランクイン

がトップ10にランクインしました。

もトップ20までにランクインしています。

eMAXIS Slimシリーズは、業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざすシリーズです。

他のファンドがeMAXIS Slimシリーズよりも低コストで新規設定および信託報酬の引き下げをした場合、速やかに同水準の信託報酬に引き下げます。

そこが好感されました。

アクティブファンドは10位以内にランクインせず

これまで、ひふみ投信、結い2101などアクティブファンドが10位以内にランクインしていましたが、今回はランク外でした。

相場の急落以上の基準価額の下落が嫌気されたのかもしれません。

昨年のトップテン

順位ファンド名’16’15’14’13’12’11’10’09’08’07
10位iFree S&P500インデックス
9位バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)33211631
8位たわらノーロード先進国株式2
7位eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
6位ひふみ投信656554169
5位eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
4位野村つみたて外国株投信4
3位 楽天・全米株式インデックス・ファンド
2位 <購入・換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンド 111
1位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド

楽天・全世界株式インデックス・ファンドが受賞しました。

歴代受賞ファンド

Fund of the Year2位有効投票者数
2007年セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドマネックス資産設計ファンド20名
2008年STAM グローバル株式インデックス・オープン (現:SMT グローバル株式インデックス)Vanguard Total Stock Market ETF(VTI)27名
2009年バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT)eMAXIS 新興国株式インデックス45名
2010年STAM グローバル株式インデックス・オープン (現:SMT グローバル株式インデックス)eMAXIS 新興国株式インデックス59名
2011年CMAM外国株式インデックスe (現:外国株式インデックスe)結い 210157名
2012年バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT)外国株式インデックスe64名
2013年バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT)ニッセイ日経225インデックスファンド83名
2014年 <購入・換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンド バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT) 115名
2015年 <購入・換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンド 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド 159名
2016年 <購入・換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンド たわらノーロード先進国株式 139名
2017年 楽天・全世界株式インデックス・ファンド <購入・換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンド 198名
2018年eMaxis Slim先進国株式インデックス <購入・換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンド 241名
2019年?????????

11位から20位

順位ファンド名
20位SBI・全世界株式インデックス・ファンド
20位コモンズ30ファンド
19位農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド
18位eMaxis Slim全世界株式(3地域均等型)
17位iFree S&P500インデックス
16位バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)
15位結い2101
14位バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)
13位eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
12位野村つみたて外国株投信
11位ひふみ投信

最後に

今回で12周年を迎えたFund of the year。運営のみなさまお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

昨年よりも有効投票者数(投信ブロガー)が大きく増えました。相場が好調だったからでしょう。

2019年の株価が上昇するのか下落するのか分かりません。マーケットの変動に関係なく今後も投票者数が増え、このような個人投資家の声がファンド・ETFを取り巻く業界へ届く事を願います。

いつかは発表の場に参加したいです。

スポンサーリンク