<--ウェブマスターツール-->

eMAXIS日経アジア300インベスタブル・インデックスが2018.1.26設定

ファンド

アジア 新興国

eMAXISシリーズからeMAXIS日経アジア300インベスタブル・インデックスを三菱UFJ国際投信が新規に設定します。

なかなか興味深いファンドです。

スポンサーリンク






eMAXIS日経アジア300インベスタブル・インデックスの概要

ベンチマーク

日経アジア300インベスタブル指数(円換算ベース)

信託報酬

年0.30%

※税別、以下注記ない限り税別

信託財産留保額

0.3%

販売手数料

ありません

設定日

2018年1月26日

信託期間

無期限

販売会社

三菱UFJ信託銀行

情報ソース

『eMAXIS 日経アジア300インベスタブル・インデックス』募集・設定について[PDF]

日経アジア300インベスタブル指数とは

  • 中国(A株を除く)、香港、台湾、韓国、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、インドの10カ国・地域の上場企業300社を構成銘柄とする。
  • 時価総額、売買代金、売上高伸び率、浮動株比等の数値データに基づいて銘柄選定
  • 浮動株を調整した時価総額型指数で、構成銘柄の浮動株調整済み時価総額合計額を、「除数」で割って算出します。除数は、銘柄の増減や構成銘柄の市況によらない時価総額の増減を調整し、連続性を維持するため
  • 定期見直しは毎年6月初

国・地域セクター別ウェート

国名 構成比率
韓国 21.94%
中国 20.42%
香港 15.79%
台湾 13.80%
インド 11.51%

構成上位5銘柄

銘柄名 国名 業種 構成比率
騰訊控股 (テンセント) 中国 情報技術 8.46%
サムスン電子 韓国 情報技術 8.02%
台湾積体電路製造(TSMC) 台湾 情報技術 4.36%
AIA 香港 金融 3.10%
中国建設銀行 中国 金融 2.60%
中国工商銀行 中国 金融 1.89%
中国移動 香港 電気通信サービス 1.69%
中国平安保険 中国 金融 1.59%
鴻海(ホンハイ)精密工業 台湾 情報技術 1.44%
リライアンス・インダストリーズ インド 金融 1.38%

※いずれも2017年11月末時点

情報ソース

日経アジア300インベスタブル指数(ドルベース) - 日経平均プロフィル

日経アジア300インベスタブル指数をベンチマークとするファンド

ファンド名 信託報酬 信託財産留保額
eMAXIS日経アジア300インベスタブル・インデックス 年0.30% 0.3%
三井住友・日経アジア300iインデックスファンド 年0.32% 0.3%

その他のeMAXISシリーズのファンド

eMAXIS 日経225インデックス
eMAXIS TOPIXインデックス
eMAXIS JPX日経400インデックス
eMAXIS JPX日経中小型インデックス
eMAXIS JAPAN クオリティ150インデックス
eMAXIS 国内債券インデックス
eMAXIS 国内物価連動国債インデックス
eMAXIS 国内リートインデックス

eMAXIS NYダウインデックス
eMAXIS 全世界株式インデックス
eMAXIS 先進国株式インデックス
eMAXIS 先進国債券インデックス
eMAXIS 先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)
eMAXIS 豪州債券インデックス
eMAXIS 先進国リートインデックス
eMAXIS 米国リートインデックス
eMAXIS 欧州リートインデックス
eMAXIS 豪州リートインデックス
eMAXIS 新興国株式インデックス
eMAXIS 新興国債券インデックス
eMAXIS 新興国債券インデックス (為替ヘッジあり)
eMAXIS 新興国リートインデックス

eMAXIS 債券バランス(2資産均等型)
eMAXIS バランス(4資産均等型)
eMAXIS バランス(8資産均等型)
eMAXIS バランス(波乗り型)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ゴールキーパー)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ディフェンダー)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ミッドフィルダー)
eMAXIS 最適化バランス(マイ フォワード)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ストライカー)
eMAXIS マイマネージャー 1970s
eMAXIS マイマネージャー 1980s
eMAXIS マイマネージャー 1990s
eMAXISプラス コモディティインデックス

 

最後に

eMAXISシリーズにeMAXIS日経アジア300インベスタブル・インデックスが加わります。

これまで、日経が報道を目的として選んだ有力企業群「Asia300」の考え方を定量的なルールに置き換え、数値データに基づき選定した、「日経アジア300インベスタブル・インデックス」をベンチマークとするファンドです。

他のアジア株式をベンチマークとするインデックスファンドと比べてなかなか低コストです。

今回新規設定されたファンドは、当初販売会社が三菱UFJ信託銀行だけなので、ネット証券で一般発売されるなど、情報が入り次第ブログでお伝えします。

投資する場合はいずれのファンドも資産形成の核ではなく、サテライトとして利用したほうが良いでしょう。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク