<--ウェブマスターツール-->

初のノーロード・インデックスESG投資ファンド! eMAXISジャパンESGセレクト・リーダーズインデックスが2018.10.22新規設定

ファンド

good

eMAXISシリーズからeMAXISジャパンESGセレクト・リーダーズインデックスを三菱UFJ国際投信が新規に設定します。

ノーロード・インデックスファンド・シリーズにおいて初となるESG投資ファンドです。

スポンサーリンク






eMAXISジャパンESGセレクト・リーダーズインデックスの概要

ベンチマーク

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数(配当込み)

信託報酬

年0.40%

※税別、以下注記ない限り税別

信託財産留保額

ありません

販売手数料

ありません

設定日

2018年10月20日

信託期間

無期限

販売会社

楽天証券・・・平成30年10月26日より取扱いを開始

情報ソース

『eMAXIS ジャパンESGセレクト・リーダーズインデックス』の設定について[PDF]

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数とは

  • MSCI Inc.が開発した株価指数で、業種内において相対的にESG(環境、社会、ガバナンス)評価が優れた企業で構成されています。
  • 親指数(MSCIジャパンIMIトップ500指数:時価総額上位500銘柄)構成銘柄の中から、親指数における各業種分類の時価総額50%を目標に、ESG評価に優れた企業を選別して構築される指数です。
  • この選別手法により、ESG評価の高い企業を選ぶことで発生しがちな業種の偏りが抑制されています。

業種ウェイト

国名 構成比率
資本財サービス 19.77%
一般消費財サービス 18.58%
IT 12.44%
金融 12.02%
生活必需品 8.95%
素材 7.36%
ヘルスケア 7.34%
不動産 5.55%
通信サービス 4.95%
公益事業 2.28%
エネルギー 0.76%

構成銘柄リスト

銘柄名
キーエンス
ソニー
三井住友フィナンシャルグループ
KDDI
任天堂
花王
信越化学工業
日立製作所
NTTドコモ
東京海上ホールディングス

情報ソース

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数 – MSCI

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数をベンチマークとするETF

ファンド名 信託報酬
ダイワ上場投信-MSCI ジャパン ESG セレクト・リーダーズ指数 年0.15%

その他のeMAXISシリーズのファンド

eMAXIS 日経225インデックス
eMAXIS TOPIXインデックス
eMAXIS JPX日経400インデックス
eMAXIS JPX日経中小型インデックス
eMAXIS JAPAN クオリティ150インデックス
eMAXIS 国内債券インデックス
eMAXIS 国内物価連動国債インデックス
eMAXIS 国内リートインデックス

eMAXIS NYダウインデックス
eMAXIS 全世界株式インデックス
eMAXIS 先進国株式インデックス
eMAXIS 先進国債券インデックス
eMAXIS 先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)
eMAXIS 豪州債券インデックス
eMAXIS 先進国リートインデックス
eMAXIS 米国リートインデックス
eMAXIS 欧州リートインデックス
eMAXIS 豪州リートインデックス
eMAXIS 新興国株式インデックス
eMAXIS 日経アジア300インベスタブル・インデックス
eMAXIS 新興国債券インデックス
eMAXIS 新興国債券インデックス (為替ヘッジあり)
eMAXIS 新興国リートインデックス

eMAXIS 債券バランス(2資産均等型)
eMAXIS バランス(4資産均等型)
eMAXIS バランス(8資産均等型)
eMAXIS バランス(波乗り型)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ゴールキーパー)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ディフェンダー)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ミッドフィルダー)
eMAXIS 最適化バランス(マイ フォワード)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ストライカー)
eMAXIS マイマネージャー 1970s
eMAXIS マイマネージャー 1980s
eMAXIS マイマネージャー 1990s
eMAXISプラス コモディティインデックス

最後に

eMAXISシリーズにeMAXISジャパンESGセレクト・リーダーズインデックスが加わります。

2006 年に国連が「責任投資原則(PRI)」の考えを提唱したことで普及し、日本においても2017 年より年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資を始めるなど、ESG投
資への取り組みが加速しています。

三菱UFJ国際投信では、今後とも、ESG投資への取り組みを拡充するために新たに設定されました。

ノーロード・インデックスファンド・シリーズにおいて初となるESG投資ファンドです。

投資する場合はいずれのファンドも資産形成の核ではなく、サテライトとして利用したほうが良いでしょう。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク