<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

低コストインデックスファンドで初! eMAXIS国内物価連動国債インデックスを11/6に設定

2014年10月21日ファンド

低コストインデックスファンドで初!eMaxis国内物価連動国債インデックスを設定

三菱UFJ投信のインデックスファンド・シリーズ eMAXIS(イーマクシス)

三菱UFJ投信は「eMAXIS 国内物価連動国債インデックス」を新規に設定いたしますので、お知らせいたします。

スポンサーリンク




ファンド概要

ファンド名 eMAXIS 国内物価連動国債インデックス

運用会社 三菱UFJ投信

ベンチマーク NOMURA 物価連動国債インデックス(フロアあり)

設定日 平成26年11月6日

申込手数料 ありません

信託報酬 年0.432%(消費税8%計算)

信託財産留保額 ありません

信託期間 無期限

当初販売会社
  • SBI証券
  • マネックス証券

『eMAXIS 国内物価連動国債インデックス』募集・設定について[pdf]より引用

物価連動国債とは

全国消費者物価指数(生鮮食品を除く総合指数)(以下「CPI」)の動きに応じて、元金額や利払い額が増減する国債です。

● 利率は固定ですが、CPIに応じて元金額が変動します。そのため、利払い額も変動します。
● 年2回利払いが行われます。
● 満期は10年です。第1回~第16回債は償還時の元本保証がありませんが、平成25年度(2013年度)発行の第17回債以降は元本保証がある物価連動国債が発行されています。
● 2014年3月末現在、譲渡制限があり、個人や事業法人は取得ができません。※
(国、外国法人、機関投資家等のみが取得可能となっています。)
※ 2016年1月以降に満期を迎える物価連動国債について、2015年1月より個人等による保有が可能となる見通しです。
元本保証とは、物価連動国債について、償還時の物価が発行時より下落しても額面金額(発行時元金額)での償還が保証されていることをいいます。投資者の投資元本が保証されるものではありません。

eMAXIS 国内物価連動国債インデックスとは? | eMAXIS | 設定・運用は三菱UFJ投信より

つまり

物価(市場参加者の見通しを含む)  上昇↑     基準価額の上昇要因
 下落↓ 基準価額の下落要因
日本の市場金利  上昇↑  基準価額の下落要因
 下落↓ 基準価額の上昇要因

※主な変動要因ですが、要因のすべてではありません。

NOMURA 物価連動国債インデックス(フロアあり)とは

償還時に元本保証あり銘柄 : 「フロアあり」

償還時に元本保証なし銘柄 : 「フロアなし」

償還時に元本保証あり銘柄を投資対象としています。

【 国内債券 】2013年10月から発行再開される物価連動国債のNOMURA物価連動国債インデックスへの組み入れについて|NRI Financial Solutionsより

国内物価連動国債ファンドとの比較

ファンド名 eMAXIS 国内物価連動国債インデックス MHAM-物価連動国債ファンド(愛称:未来予想) 東京海上・物価連動国債ファンド
運用会社 三菱UFJ投信 みずほ投信投資顧問 東京海上アセットマネジメント
申込手数料 ありません 上限は1.08%(税抜1%)

主要ネット証券では「なし」

1.08%(税抜1%)の率を乗じて得た額を上限

主要ネット証券では「なし」

信託報酬(消費税8%計算) 年0.432% 年0.648%以内 年0.4752%
信託財産留保額 ありません 0.1% ありません
信託期間 無期限 無期限 2020/10/26

最後に

インフレになれば償還金額と利子が増え、デフレになっても額面は保証されるという物価連動国債をベンチマークとするファンドがeMAXISから設定されます。
しかも信託報酬は最も低いです。

投資家の選択肢が増えることはうれしいことです。

しかし、物価連動国債はインフレ時には有利ですが、長期金利の上昇には効果がないので注意が必要です。

スポンサーリンク