【子供乗せ自転車にクッションを!】大人用ズボンがピッタリでした!

生まれ変わったモノたち

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。  

 

 

こちらは、我が家で大活躍の自転車です。

数か月前に、クッションを付けました。

スポンサーリンク

このクッションの材料

なんと、そとやんが10代から25歳ぐらいまで愛用していたズボンです。

ちょうど太ももの場所になります。

よく見ると左右の幅が違うのはそんな訳ですが、クッションをつける理由は子どものお尻が痛くならない為。

座れば見えないので問題なし♡です。

 

しかも奥行が安全ベルトがあるところまでなので、ベルトをはめる際ジャマにならずいい感じです。

ズボンなので、左足と右足で二つ分、自転車の前と後ろに同じものが作れました。

 

中に詰めた綿は、家にあった綿を。

そして、出来上がったクッションに、使わない紐を縫い付け「子ども乗せ」の下にくぐらせて縛りつけてあります。

 

天気が怪しい時や雨の日は外して持ち帰り、晴れの日は付けたまま。

 

 

長女リーは2歳前から自転車に乗せていますが、6歳になった去年の秋にようやく付けました。

遅くなってごめんね、リー♡

 

長女リーも、今2歳の次女ナーもクッションが付いて喜んでくれています。

 

自転車用クッションなんていずれゴミになるからいらないわ!

と思っていたのですが、車のない我が家。

去年団地に引っ越ししてから自転車の移動回数、距離ともに格段に上がりました。

お尻が痛いらしく、段差になると立つ我が子たち(笑)

これは、いかん!!!

必死で急いで作ったのですが、予想以上に子どもたちが喜んでくれたので本当にうれしい限りです。

 

 

子ども乗せ自転車、長時間乗せるならクッションは必要です☆


PAGE TOP