<--ウェブマスターツール-->

2011年の年間資金流入額ランキング

2012年1月11日投資

投資

QUICK MoneyLife
2011年の年間資金流入額ランキング――ETFを除く追加型株式投信

年間資金流入額上位ランキングです。

順位 ファンド名(一部略称) 年間決算回数 残高 2011年資金流入額 2010年資金流入額 騰落率(%)
1 新光US-REITオープン 12 6882 6356 1892 0.5
2 短期豪ドル債オープン 12 11832 5080 5415 ▲0.6
3 ダイワ米国リート・ファンド 12 4029 4186 424 1.7
4 ラサール・グローバルREIT 12 6398 3666 2338 ▲3.9
5 ダイワ・US-REIT・オープンB 12 2913 3310 3 1.3
6 ドイチェ高配当インフラ関連(Bレアル) 12 2932 2092 1446 0.5
7 ワールド・リート・オープン 12 4407 2050 1851 ▲3.1
8 ハイブリッド3分法 新興国通貨 12 1397 2006 137 ▲14.9
9 フィデリティ・USハイ・イールドF 12 4579 1698 2675 ▲2.4
10 EM・ハイイールドボンドF・ブラジルレアル 12 1112 1430 207 ▲11.5

※金額の単位は億円
※QUICK Business Research
調べ。データは2011年12月30日時点。
対象は国内設定の公募追加型株式投信、ETFを除く、単位型は含まない。
騰落率(運用成績)は分配金込み、▲はマイナス
資金流入額の2011年は推計値、2010年は実績値。
純資産残高および資金流入額は億円未満切り捨て。 
※1位から10位までソース元より抽出

スポンサーリンク






外国リート

外国リートに資金が流入していることがわかります。
また、50位までざっと見てみると出てくるキーワードは
・ハイイールド
・レアル
・豪ドル
が目立ちます。

資金の流入額と騰落率には相関関係を見出すことができませんでした。

また2011年新規設定ファンドは7本でした。
2012年末には資金の流入、流出どちらに入っているのでしょうか。

続いては

資金流入額下位ランキング

順位 ファンド名(一部略称) 年間決算回数 残高 2011年資金流入額 2010年資金流入額 騰落率(%)
1 グローバル・ソブリンオープン 12 18527 ▲7775 ▲7266 ▲0.2
2 ダイワ・グローバル債券ファンド 12 4082 ▲2437 ▲2073 0.5
3 ダイワ外国債券F ダイワスピリット 12 1580 ▲1851 1575 ▲2.1
4 ピクテグローバルインカム株式F 12 6137 ▲1397 ▲772 ▲8.0
5 グローバル好配当株オープン 12 2011 ▲1343 522 ▲11.3
6 マイストーリー分配型(年6回)B 6 3211 ▲1121 ▲2516 ▲5.5
7 野村エマージング債投(レアル) 12 968 ▲1094 319 ▲6.9
8 高金利通貨ファンド 12 342 ▲1044 582 ▲9.5
9 ピムコグローバルハイイールドF 12 1788 ▲958 2515 ▲2.5
10 グローバル・ハイ・イールドアジア通貨 12 616 ▲913 2046 ▲7.8

グロソブの残高が2兆円を割りました。ちなみにピークは5兆7685億円です。
グロソブを筆頭とした外債ファンドの資金流出が目立つ結果となりました。

資金の流出と騰落率にはある程度の相関関係があるように思います。
このようなファンドには手を出さないのが賢明です。

毎月分配というキーワードは低金利から脱却しない限り変わらぬ兆行だと思います。
2012年は通貨選択型に続いてどんな分配原資のファンドが登場するのでしょうか。

スポンサーリンク