<--ウェブマスターツール-->

オーブンなし!ベーグルをフライパンで焼く方法!しかも使うのフライパンは一つだけ!

2013年6月28日エコな家事

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

ベーグルは、成形したら熱湯でゆでて、すぐに予熱した高温のオーブンで焼きます。
だから、オーブン必須…
と思っていました。
でも、以外に簡単にフライパンでも出来ました。
その方法は…

スポンサーリンク






道具

フッ素の26センチのフライパン

作り方

焼き方に重点を置かせて頂くため、生地の作り方は省略します。

どんなベーグルでも大丈夫です。

出来あがり個数の目安

まず、確認として、出来あがり個数は小さめのベーグル6個です。

粉は200gから250gが、この焼き方に適しています。

①生地の成形

ベーグルの形にし、全てフライパンに並べます。

膨らむので、多少開けて置けるといいですが、くっついても大丈夫。

プレゼント用なら、おススメできません。

②ゆでる前に…

熱湯を別の鍋などに用意しておきます。

(成形している時に沸かしておく)

そして、①の生地を並べ終わったフライパンをコンロに置き、まず火をつけます。

強めの中火で10秒ぐらい。

③ゆでる

フライパンの底が熱くなったかなと思ったら、一気に②で沸かした熱湯を入れます。

入れる目安は生地の3分の2ぐらい。

すぐにフタをして30秒ゆでます。

④水をきる

30秒たったら、フタをずらして熱湯を捨てます。

かなり熱いし、生地も一緒に落ちてくるので注意します。

熱湯は全て切らなくて大丈夫です。

⑤水分調整

フライパンをコンロに戻し、生地を菜箸で一つづつひっくり返します。

水分がたくさん残っているならフタをしないで強火にかけ、水分を飛ばします。

(焦げそうなら、多少残っていて構わないので、そのままで次に進みます。)

⑥焼く

フタをして弱火。

10分。

ひっくり返して10分。

⑦完成

焼けたら、ケーキクーラーなどに置いて冷まして下さい。

我が家は、グリルの上に置いて冷ましています。

ちなみに

今回のベーグルは娘(2歳6か月)と一緒に作りました。
その様子はコチラです。

良かったら覗いてみてくださいね。

スポンサーリンク