<--ウェブマスターツール-->

知っている人も知らない人も「モンテッソーリの子育て」は読む価値あり?!

2015年8月4日本の感想

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

そとやんは、モンテッソーリを知って、5年近くなります。

長女の3歳までぐらいは、読みあさりましたが、最近はめっきりでした。

でもね、もう一度借りてみたくなったの。

スポンサーリンク






クーヨンの「モンテッソーリの子育て」

モンテッソーリとは何か

この事がとってもわかりやすく書いてあります。

懐かしい~

やっぱり、モンテッソーリの考え方は心に響きます。

私が、どうしてモンテッソーリに関心を寄せて、実践したくなったのか

私は、自立と自律がしっかり出来る人になって欲しいと思っています。

コレから生きていくためには、「ジリツ」は不可欠。

モンテッソーリならそれが可能だと、心底惚れ込んでの実践開始でした。

しかし、実際は、いろいろ用意したものの興味を示さない娘にほとほと脱力の連続。

運動や、お外で遊んだり、台所育児はなんとかなるものの、「お仕事」になると全く興味を示しません。

私の観察不足

しかし、2歳で用意していたものに4歳になって、急に興味を示したりしました(笑)

そう、脱力している場合じゃなかったんです。

私の観察不足

タイミングを間違えていたんです。

鉄則

本で2歳から~と読めば、2歳になったとたんに用意し、興味深々で観察。

そう、明らかに期待してました。

これは、絶対タブー。

だって、大人ペース。

その子のペースに、大人が合わせるのが鉄則なのに、基本が出来ていなかったの。

だから、もう一度、モンテ初心者になって勉強したくなりました。

読んで正解!

モンテの魅力に心底惚れ込んじゃいました

クーヨンの本はどれもわかりやすくて大好きです。

改めて、モンテの魅力に心底惚れ込んじゃいました。

育児に失敗なんてないんです。

また今日から子育てを楽しんで、勇気付けして、成長を見守ろう!と思うそとやんなのでした~

スポンサーリンク