<--ウェブマスターツール-->

子どもの興味に興味を持つ事。とにかくやってみました!

2015年8月3日子育ての考え方

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

というブログを前回書きました。
今回はその続きです。

スポンサーリンク






長女リー

ただいま年中さんの4歳です。
年少さんの頃から、幼稚園の担任や主任の先生から
「リーちゃんは本当に植物が好きで、毎日一番に花や野菜に水をやってくれるんですよ~」
「今日は、りーちゃんだけが、一緒に種を植えてくれたんです!」
「毎朝観察してくれて、このミニトマトが生ってるの、リーちゃんが気づいてくれたんですよ~」
とよく言われます。
「ご家庭でも、何か作っているんですか?」
ともよく聞かれます。
答えは、NO!

サボテンも枯らす

ハイ、全く興味ありません。
サボテンも枯らすほど。
切り花を頂いても、気づくと花瓶の水が腐っています。
はい、そとやんはそうゆう女です。

足るを知る

家庭菜園も流行っていますが、興味ありません。
なぜなら元が取れないから。
全ての材料費、時間、何をとっても買った方がお財布に優しいです。
スローエコで実践している全ては、作った方がお得になるモノだけです。
これだって立派な「足るを知る」

悩み

でもね、なんども先生から言われ、幼稚園に迎えに行く度、リーから今日植物にした事(水やりなど)の報告を笑顔で受ける度に、そとやんの心は揺れました。
もしかして、これが、「子どもの興味に興味を持つ事」なの?
悩みます。
今年の4月、幼稚園の先生に思い切って相談しました。
そしたら「初めてでしたら、アサガオがいいですよ~」
とのこと。

もし、失敗したら…

アサガオ辞典など数冊借りて読んで、ホームセンターに行って材料の偵察。
ああやっぱり無理だ。
以外と高い。
植木鉢から土、そしてもし、失敗したら…
など、思えば思うほど踏み切れません。
気づいたらもう6月になっていました。
アサガオの種植えは4月がベストです。

ゲンキンなそとやん

来年か~と諦めていた矢先、母からアサガオセットをもらえる事になりました!
タダならやってみる~!
なんてゲンキンなそとやんでしょう(笑)
しかし、始まりが遅すぎます。
本来4月からを、6月から始めているのですから…。

想像以上の喜び

でも、リーは本当に好きなんですね、植物が。
ツルも伸びない、葉も枯れかかっているアサガオに、毎朝毎朝水をあげています。
私もいつからか、がんばれ~と思い、言うようになりました。(アサガオに)
すると、先日っ

つぼみが出来ました。
そして、翌朝には咲いたんです!

その喜びようといったら想像以上です。
生まれて初めての気持ちになりました。
花が咲くってこんなに嬉しいの!?

興味

リーももちろん喜んでいましたが、私の方が大歓声で大喜びしていました。(笑)
そんな母を見て、少し驚いたように笑っていた、リーの嬉しそうな顔が目に焼きついています。
自分にまったく興味がない事を始めるのは、本当に苦痛です。
でも、興味がない事をしている「娘」に、興味があるんだ!
とにかくやってみて、そのことに気づかされました。
やってみて、花を育ててみて本当に良かったです。

ここから

また秋になれば、種が落ち、来年また花が咲くそうです。
植物って循環するんですねぇ
来年はしっかり4月から始めたいと思います。
ここからです。
ここで、ハイ咲いたねぇ~で終わってはもったいない。
それでは、好きな事を一緒にやっただけ。
自己満足(そとやんの)で終わってしまいます。

子どもの才能を引き出す

これから、アサガオの歴史に結びつけたり、品種、循環、栄養、お花一つでも、興味があることならいくつでも結びつけて習得できます。
これが、子どもの才能を引き出すって事
ってまだ未体験ですけど…
アレ?なんかまた変に期待してる?
もっと純粋に、子どもの「知りたい」を伸ばしてあげたい
近日、リーと図書館でアサガオ図鑑を借りてこようと思います。

スポンサーリンク