<--ウェブマスターツール-->

投資家が投資家のために集まることのすすめ

2012年6月25日投資

山崎元「ホンネの投資教室」
投資家が投資家のために集まることのすすめ 

要点として

  • 個人として参加する
  • 知識を持ち寄る
  • 近況を話し合う連帯感
  • 情報を交換する
  • 集まりを拡げる
  • あくせくしない

と挙げられています。

私が住んでいる名古屋でも4/28にコツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ が
開催されました。
4月28日 コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 名古屋 #4(愛知県)
私は都合がつかず、参加できていませんが機会があれば出席させて
いただきたいと思っています。

また、相互リンクさせていただいている
rennyさんは東京 #k2k2 | rennyの備忘録 (ゆっくり、のんびり、じっくり、投資信託で)
PETさんは札幌 k2k2sap|自分自治体(資産運用の記録ブログ)

で開催されています。

投資信託を使って毎月コツコツと積み立て投資を行っている方、
これから始めようと思っている方は気軽にご参加ください。


やはり、一人での情報収集や相場が乱高下したときの感情のコントロールは
よほどの能力がないと難しいです。

コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べなどの個人投資家同士の集まりに
参加する事によって色々な方と知り合えたり、
会話することによって自分とは違う考え方・感じ方に触れる事が出来たり、
自分が投資をする上で大切にしている事を再発見できたりと
賦活剤になると思います。

また、こういう会に出席する事で著名な識者に(今回は山崎元氏が例ですが)

  1. 年齢や資産額、特に資産額が変化することによって、最適な運用内容は
  2. 大きく変化するのか?

  3. リスク資産について、「日本株50%、先進外国株35%、新興国株15%」という
    推奨アセットアロケーションを、「日本株50%、先進外国株25%、新興国株25%」に
    変更したようだが、その理由と、新しい比率に関して説明して欲しい。
  4. 山崎(さん)個人は、どのように自分自身の金融資産を運用しているか?

なんて質問する事も出来ちゃいます。

長期のインデックス投資はややもすれば孤独で淡々とした作業の繰り返しです。
そんな時に
自分一人ではない。

ということを確認できることが人と直接会って話す事の素晴らしさではないでしょうか。

スポンサーリンク