自家製デミグラスソースやカレールウホワイトソースなどの賢い保存方法!?

2013年4月16日今どきのエコ知恵生活

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

自家製で作るとだいたい一週間から二週間で食べきらないといけないレシピが多いです。

でも、出来あがるのは結構な量。

せっかく作ったのに、賞味期限を気にしてその間で食べきろうと頑張るとなんだか寂しい感じが残ります。

だって、やっぱり食べたいと思った時に食べるから、食べ物は美味しいんだと思うから。

そんな気持ちに答える方法。

そとやんちではこうしています。

スポンサーリンク

冷凍保存

ジッパーのついた袋に入れ、一回分に割れ目を入れます。

冷凍する事で長持ちます。

そとやんの経験では冷凍してから2ヶ月後に頂いたのが、最長ですが味の変化、衰えなく美味しく頂く事ができました。

保存袋

そとやんは、こういった時の保存袋を購入した事がありません。

これは、地粉(薄力粉)の空いたパッケージをそのまま使っていますが、ルウの材料にこの地粉は入っていますし、なんの問題もないです。

液体系や、油もの、なんでもかんでも冷凍用保存袋は売られていますが、あれって使い終わったらゴミになります。

もったいない。

と、思うのです。

家にあるもの、ゴミになちゃう物の中に、ジッパーのついてるものって意外とたくさんあります。

取っておいて再利用してしまいましょう。

少しは、環境にもお財布にも優しくなれてる気がします。

割れ目の入れ方

よくあるのが、箸などで線をつけるやりかた。
全然いいと思います。
でも、ソースやルウだと、出来あがりが柔らかいと何回線を付けようと箸で押し当てても線付かない時があります。
そこで、そとやんはこうしています。

四つ折りにする。

です。

そしてこのまま冷凍庫。

ジッパーが付いていて安全ですが、なんとなく漏るかも?と心配なので、立ててて保存しています。


PAGE TOP