<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

チャイルドシートが子どもの食事用の椅子?!そのカバーと理由です

2015年5月21日今どきのエコ知恵生活

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

我が家は四角の机を利用しています。今、我が家の食事をする定位置です。

・奥 11ヶ月の次女ナー

・手前 4歳6ヶ月の長女リー

・右手 夫ティットくん

・左手 そとやん

今回、紹介したいのは、次女ナーの食事用椅子。

スポンサーリンク




白いカバーをはずすと…

チャイルドシートです!

現在、車を持っていませんが、リーが産まれた頃はありました。

チャイルドシートだけが残り、年に何回かレンタカーに積まれる以外ずっと家においてあります。

リーが赤ちゃんだった頃も食事用に使用していましたが、ナーの食べっぷりは凄まじく(笑)

カバーを付けることになりました。

カバーの出来るまで

我が家のいらない布ストックを探すと…

 

いいもの発見!

これは、夫の肌着だったもの。

いざ着せてみます。

 

なんだかイメージと違う…

そうだ!穴を閉じよう!!!

首と腕を縦に縫ってみると…

 

イメージ通り!!!!

横からみても、しっかりスッポリ収まっているのがわかります。

肌着はまだあるので、何枚か作り、汚れたらすぐ取替えるようにしました。

肌着カバーの利点

肌着なので、綿100%。

汗の吸い取りもいいし、赤ちゃんの肌にも優しく、ゴシゴシ洗えてすぐ乾く!

これは便利です。

チャイルドシートを食事用椅子にしている理由

チャイルドシートが食事用の椅子になった理由は、ただひとつ。

「あるものでなんとかならないか」

この考えからです。

子どもの食事用椅子は、すぐ使えなくなります。

2DKのアパート暮らしの我が家にとって置き場にも困るし、第一に昔の人はそんなもの使ってなかったハズ。

「なら、なくてもなんとかなるよね」 そして、結果、入手しなくても家族みんなで楽しく食事をする事が出来ています。

スポンサーリンク