<--ウェブマスターツール-->

【台所育児】ぬか床でモンテッソーリの心得がつかえる?台所育児にも共通する事って?!

2013年3月16日台所育児

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

春が近付き、ぬか床を再開したそとやんちでは、ぬかちゃんのかき混ぜを2歳4カ月の娘にやってもらいます。

それは…

スポンサーリンク






モンテッソーリと台所育児に共通する事があると思うからです。

①本人がやりたがる

②気がすむと自分から終わりにする

③終わると満足する

④育児より育自

 
です。

まさにこの通りです。

満足する顔は何回見ても嬉しいものです。
 

育児より育自

たくさんこぼれるし、汚れます。

そんな時は…

忍耐、忍耐、忍耐。

これは台所育児に書いてありました。

上手に耐えれない時もありますが、そんな日はしっかり謝り、また次から頑張ります。

それでいいと思うんです。

親も人間で完璧ではない事がわかります。

頑張ってる姿、悪い事をしたら謝る姿を見て育つ子供は、きっと小学生、大人になっても、素直に謝る事が出来て、立ち直りの早い人間になるような気がします。

初めてぬかに触れさせたのは多分1歳半

その日は、やりたがらないのに無理にやらさせてしまったので大変な事になりました。

ぬかを投げつけるんです。

でもそれは、そとやんが①の本人がやりたがる気持ちを無視したからです。

今回は2歳4カ月

本人にやりたいか聞いてから混ぜてもらう事にしたので、満足する笑顔を見れる事が出来ました。

かなりこぼれますがそれは育自です。

忍耐を育ててもらいながら、子供自身は、手を使って集中して作業することによって、明瞭な性格と、たくましい発達をしているんです。

だそうです。

そんな感じの事がモンテッソーリの本に書いてありました。

三つ子の魂百までも

親がしてあげられる最良の事ってなんだろう。

夫と話すのは、とにかく「赤信号みんなで渡れば怖くない」じゃ駄目なんだよね。

と言う事。

テレビに育児してもらうのは楽だけど、出来る限り一緒に台所にいて育児が出来たら、遊び感覚で手を使って育ってくれたら…。

大変だけど、とにかく三歳までの大切な毎日は、楽しみながらそれが出来るように育児しながら育自できたらと思います。
 

次回はぬか床を混ぜてもらう時、そとやんが注意している事を書きたいと思います。

スポンサーリンク