<--ウェブマスターツール-->

それでもまだ、あなたは子どもに○○をとらせますか? 「子どもを病気にする親、健康にする親」レビュー

2015年2月12日本の感想

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

待ちに待った本だったので楽しみにしていました。

最初に目に飛び込んできた言葉は

スポンサーリンク






子どもが病気になる原因は親にあります

胸にくる一言です。

だけど、本当にそうだなぁ~と思います。

一通り読んでみる価値あり。

いろいろな問題

・小児科

・ワクチン

・フッ素

・砂糖

・添加物

・牛乳

・アレルギー

・放射能

などなど。

ひとつひとつに、何が悪いか、そしてどうなるのか、不安をあおる言がたくさ~ん、わかりやすく書いてあります。

そして、どれも最後に

「それでもまだ、あなたは子どもに○○をとらせますか?」

で閉めています。

でも、不安がらせてるだけではありません。

本当の話だと思うの。

 

この本のスゴイところ

「じゃあどうしたらいいのか」 を、しっかりかいてあること。

読み終わってから、どうするか。

親次第。

本当に「親しだい」

なんども書いてあるけど、本当に「親しだい」。

親身になって本当に守りぬける親になりたいです。

やっぱり、全ての親に、一通り読んでみる価値ありだと思います。

スポンサーリンク