<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

マンチェスター・ユナイテッド ニューヨーク証券取引所で株式上場

2012年8月11日投資

マンチェスター・ユナイテッドが8/10にニューヨーク証券取引所で株式上場しました。

ティッカーシンボルはMANUです。

1878年創立のマンUはリーグ優勝19回を誇り、日本代表MFの香川真司が所属。
米国のグレーザー家が2005年に買収。

監督は言わずと知れたサー・アレックスファーガソン。

マンチェスター・ユナイテッドFC – Wikipedia

国内の証券会社では楽天証券とSBI証券が取引可能です。
楽天証券 | 米国株式 マンチェスター・ユナイテッド LTD〈MANU〉  
SBI証券 – あのマンチェスター・ユナイテッドが米国市場に上場!

マンチェスター・ユナイテッドのビジネスモデル

マンチェスター・ユナイテッドは小売・放送・試合の3つを主要収入部門としています。
数字は売上高比。

  • 小売部門(31%)

マンチェスター・ユナイテッドの500万以上のユニフォーム等のライセンス製品は
130以上の国で200以上のライセンス契約会社を通じて販売されています。
また、ブランド製品は10,000以上の店舗で販売されています。

  • 放送部門(36%)

2010/11シーズンは211ヵ国で40億人以上の視聴者を獲得し、1試合あたり平均
4900万人(年間60試合)がライブで視聴しています。
マンチェスター・ユナイテッドのブランドやコンテンツは42ヵ国のモバイル通信プロバイダと
54ヵ国のテレビプロバイダーがパートナーになっています。
スポンサー収入は2009年3,720万ポンド(約44億円)、2010年4,090万ポンド(約49億円)、
2011年5,490万ポンド(約65億円)となっています。

  • 試合部門(31%)

ホームスタジアムのオールドトラッフォードで行われるゲームチケットは、
1997/98シーズン以来、完売が続いています。2010/11シーズンは29のホームゲームには
200万人以上の観客が足を運びました。
また、世界中のファンを獲得する為に、世界各国で展示会やプロモーションツアーを
おこない、過去3年間にわたってアメリカ・メキシコ・マレーシア・中国等で15試合を
行っております。 

 上場日にはウォール街がサッカーボールで装飾されるパフォーマンスも見られました。

初値は14・05ドル(約1100円)をつけ、公開価格(14ドル)をやや上回り、
上場で約2億3300万ドル(約183億円)の資金を調達しました。

返済にあてられる金額がほとんどだと思いますが、補強費にも使われるのでしょうか?

ファン・ペルシー
レヴァンドフスキ
そしてもう一人ぐらい?

ファン・ペルシーが来たら1トップにファン・ペルシー、トップ下にルーニーが
盤石と思うのは私だけでしょうか。

香川選手には頑張ってほしいです。

・プラス材料
(1)長期政権のファーガソン監督が長期的視野を持ってチームを作っているので
低コストで常に優勝争いに加わる力を備えている
(2)英国だけでなくアジアでの人気も高く、売上げは徐々に右肩上がり

・不安材料
70歳になったファーガソン監督がいつまで続けられるのか、後継者が育っているのか

と言ったところでしょうか。

ただし、応援のためにほんの少し買ってみるのがベターです。

スポンサーリンク