<--ウェブマスターツール-->

妊娠、出産、育児の疑問、本音がわかる「医者いらずの出産&育児」レビュー

2015年3月3日本の感想

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

今回も名古屋市図書館で予約し、待ちに待った本です。

次女ナーの産後、この本を見つけ予約したので…かれこれ半年ほど待ちました。

スポンサーリンク






内容

1、出産に医者は必要なの?

2、健康な子どもを産むために

3、お母さんこそ名医!

4、子育てより子育ちを

この4つから構成されています。

「めんどぅーさ」さん

各章ごとに「めんどぅーさ」さんの実体験が4コマ漫画で描かれていて、笑っちゃいます。

この「めんどぅーさ」さんが、とってもすごくて、自宅で家族だけで3人目の赤ちゃんを産んだんです!

助産師も何もなくよ!?

自分たちでへその緒を切ったって。

出産の生々しい様子が、おもしろく紹介してあります。

母として

妊娠、出産、育児の疑問、本音。

なぜ、難産になるのか

なぜ流産、死産になるのか

母親が知っていなくちゃいけないこと。

「スローエコ主婦業」と重なる

この本に書かれている全てが、そとやんの思う「スローエコ主婦業」と重なり合い、読みながら嬉しくもなり、自信にもつながりました。

・白砂糖

・旬を食べる

・食がアレルギーを作り出した

・気持ちで病気が作られる

・鼻水を喜ぼう

・布オムツ

・赤ちゃんの汗腺をつぶすエアコン

・水

・ベビーカーが、子どもの足腰を弱くする

・牛乳のこと

などなどとくに、水。「~だから、水道水を飲んでいます。」

細かくはぜひ読んでほしいのですが、その環境も考えた故の結論がまったく同じ。本当に嬉しかったです。

読みやすい

漫画の部分だけではありませんが、項目ごと、短くわかりやくまとめてあるので、読みやすくなっていると思います。

  「はじめに」から

「医者の言うことだからと、すべて信じて実行するのではなく、たいがいのことは自分で判断できる母親になってください。

医者を否定するのではなく、医者の意見も参考にしながら、でも決めるのは自分自身。

わが子のことをいちばんよく知っていて、いちばん大切に考えているのは、お医者さんじゃくて、お母さんなんですから。」

憧れを見れた本

そとやんに、3人目が授かるのなら自宅で産みたい。

現実難しいけど、そんな憧れを見れた本でした。

もっと勉強しなくちゃ!なんてわくわく気分なそとやんなのでした~

スポンサーリンク