<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

大和ネクスト銀行が新生銀行への振込手数料を改定 2016.7.6から

銀行情報

対象外

大和ネクスト銀行 振り込み手数料が改定されます。

スポンサーリンク




いつから?

2016年7月6日(水)

大和ネクスト銀行振り込み手数料 改定内容

改定前

 

他の金融機関の振込先 振込手数料
他の金融機関の本人名義口座への振込
(楽天銀行を除く)
0円
他の金融機関の他人名義口座および
楽天銀行への振込(※)

月3回まで無料

4回目以降200円/回

 (※)楽天銀行への振込は、本人名義口座でも他の金融機関の他人名義口座への振込としてカウント 

改定後(2016年7月6日以降の振込依頼分より) 

他の金融機関の振込先 振込手数料
他の金融機関の本人名義口座への振込
(楽天銀行・新生銀行を除く)
0円
他の金融機関の他人名義口座および
楽天銀行・新生銀行への振込(※)

月3回まで無料

4回目以降200円/回

(※)楽天銀行・新生銀行への振込は、本人名義口座でも他の金融機関の他人名義口座への振込としてカウント 

注意点 

7月5日以前に受け付けた、7月6日以降を振り込み指定日とする振込は、改定前の振込手数料が適用されます。

参照:振込手数料一部改定のお知らせ – お知らせ | 大和ネクスト銀行

最後に

大和ネクスト銀行が楽天銀行に続いて、新生銀行の本人名義あて振込手数料を改定します。

新生銀行では他の金融機関から1万円以上の振込入金で1件につきTポイント25ポイント(毎月最大100ポイント)がプレゼントされるTポイントプログラムを実施中です。

<新生銀行 Tポイントプログラムが「Tポイントプログラム2016」について更に詳しく>新生銀行 Tポイントプログラムが「Tポイントプログラム2016」としてリニューアル 新規・改善・改悪・終了 

大和ネクスト銀行から多くの振込が実行されてその費用がかさんだため、今回の改定に踏み切ったのではないかと推測します。

今後、他の金融機関の他行宛無料振込手数料が変更になったら、ブログでお知らせします。

<大和ネクスト銀行について更に詳しく>徹底解説!大和ネクスト銀行

スポンサーリンク