【個人賠償責任保険】単独で加入できて年間1,680円 あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(サイクルパートナー)徹底解説

2016年6月20日保険

自転車

先日、引越しにともない火災保険に個人賠償責任特約を追加付保しました。

<個人賠償責任保険に加入した理由や保険料についてさらに詳しく> 個人賠償責任保険に加入しました もしものとき賠償金額9,500万円払えますか

個人賠償責任保険は火災保険や自動車保険の特約として加入する事が多いです。

単独で加入できる個人賠償責任保険として

があります。

しかし、クレジットカードの発行という条件があります。

今回紹介する、「あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(サイクルパートナー)」は正真正銘単独で加入でき、 サイクルベースあさひで自転車を購入しなくても加入できます。

スポンサーリンク

あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(サイクルパートナー)の詳細

補償内容

自転車事故だけでなく、日常生活全般で起こる加害事故により法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。

保険料(支払額)

  本人タイプ 家族タイプ
月払い 150円
(=1,800円/年)
270円
(=3,240円/年)
年払い 1,680円
(=140円/月)
2,920円
(≒243円/月)

1年以上契約する場合は年払いの方がお得になります。

補償の対象(被保険者)

  本人タイプ 家族タイプ
補償の対象 被保険者本人 被保険者本人
被保険者本人の配偶者
その他親族

※その他親族とは、本人または本人の配偶者と「同居の親族(本人の6親等内の血族、3親等内の姻族)」および「別居の未婚(婚姻歴がないこと)の子」をいいます。

示談交渉(賠償事故解決特約)

万一の賠償事故でも被保険者に代わって、相手側と解決に向けて交渉するサービスが付いています。

賠償責任保険金額

1億円

自転車登場中等のみ補償特約

  補償金額
死亡・後遺障害 400万円
入院日額
(入院1日につき)
2,000円

本人タイプと家族タイプは同じ補償内容・補償金額です。

加入対象

あさひで自転車を購入していなくても、加入できます。

参照:あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(サイクルパートナー)

継続契約時の手続き

満期の際には、あらためて契約手続きが必要です。

満期日の30日前にau損保より、継続手続きのメールが送信されます。

保険料の支払い

「クレジットカード払い」または「auかんたん決済」が利用できます。 

参照:あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(サイクルパートナー)

保険金の支払い事例

  • 自転車で誤って歩行者にぶつかり、ケガをさせてしまった!

  • 停まっている車の脇を通り抜けようとして車にキズをつけてしまった!

  • 買い物中に店先で商品を落として割ってしまった!

あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(サイクルパートナー)に加入するには

  1. 「サイクルパートナー三つ折リーフレット」をあさひ店舗にて、入手します。
  2. CYCLE PARTNER | サイクルベースあさひの画面上で「サイクルパートナー三つ折リーフレット」に記載されている4桁の数字を入力して手続きを進める

という順序となります。

あさひの店舗やau損保のカスタマーセンターで保険の申込みは受け付けていないので、注意が必要です。

 JAF個人賠償責任補償プランと比較

JCBトッピング保険「日常生活賠償プラン」三井住友カードのポケット保険(ポケホ)と違い、「あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(サイクルパートナー)」はクレジットカードの発行は必要ではありません。

他にクレジットカードの発行が必要なく、単独加入ができる個人賠償責任保険に JAF個人賠償責任補償プランがあるので比較してみます。

  あさひオリジナル自転車保険
CYCLE PARTNER
(サイクルパートナー)
 JAF個人賠償責任補償プラン
本人型
年間保険料
(支払額)
1,680円 2,750円
家族型
年間保険料
(支払額)
2,920円 2,750円
示談交渉サービス あり なし

被保険者が本人のみの場合は「あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(サイクルパートナー)」の方が年間保険料(支払額)は安いですが、家族型の場合はJAF個人賠償責任補償プランの方が安いです。

また、「あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(サイクルパートナー)」には「示談交渉サービス」が付いています。

本人型の場合は「あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(サイクルパートナー)」の一択ですが、家族型の場合でも「示談交渉サービス」の安心感が大きいので「あさひオリジナル自転車保険 CYCLE PARTNER(サイクルパートナー)」をオススメします。

最後に

個人賠償責任保険は法律上の損害賠償責任を負う、または治療費だけでなく慰謝料まで請求されるような場合に保険金を支払ってもらえる保険です。

リーズナブルな保険料で充実した補償内容の個人賠償責任保険を探している方にオススメです。

<あわせて読みたい>単独で加入できる個人賠償責任保険まとめ


PAGE TOP