<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

【ご飯を炊くときのひと工夫】ガス代も時間も節約できて万々歳!?

エコな家事

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

 

ご飯を炊くとき、圧力鍋で炊きます。

 

3.11以降、電化製品が壊れたら買い直しではなく、手放す。

そう心に決めて、現在も生活しています。(例外もありますヨ♡)

スポンサーリンク




炊飯器もそのひとつ

マクロビオティックな玄米を炊くにも最適な圧力鍋。

 

今回は七分付き米。(白米に近いご飯)

玄米は25分ぐらい炊きますが、 七分付き米は圧力がかかってから3分で火を止めればOK。

そんな理由もあって、我が家では七分付き米が主流です。

 

さて

炊く時にひと工夫。

そとやんの、今、使用している圧力鍋には三脚が付いています。

ここに、付属の皿を乗せて

今日は、大根と人参を乗せました。

加熱後です。

圧力の技で、大根も人参も甘く、柔らかくなりました。

 

 

ご飯を炊く時の工夫とは、「他に加熱できるものはないかな?」と考えること。

 

一緒に調理出来れば、時間もガス代も節約になるし、ガスの使用量が減らせる=環境にも優しいです。

おまけに美味しくなるから万々歳♡

 

今回の大根は、朝ごはんのお味噌汁に。

人参はお弁当に。

ちなみに、このゆで卵は前日のご飯を炊く時に、同様に加熱しておいたモノです。

 

 

とっても便利なこの工夫。

ご飯を炊く時は注意が必要

上に乗せる量を少しにしないと、圧力が「かからずご飯が焦げる」という大惨事になりかねないので注意が必要です。

(焦げたら重曹でスッキリピカピカに出来るので、ある意味ラッキー♡?!)

工夫をする

毎回、炊飯の時に、他の食材と加熱するワケではないですが、こんな工夫に頭を使うのも悪くないのかな…と思います。

 

今日は、何と一緒にご飯を炊こうかな☆

と考え中のそとやんでした~

スポンサーリンク