<--ウェブマスターツール-->

スライド式5週間貯金

2012年7月26日家計簿の活用

月5万円の貯蓄達人になる!_貯蓄達人への道
スライド式5週間貯金

毎日、地道に家計簿をつけるのは苦行……。
ところが、予算内でやりくりするだけで、自然とお金が貯まると
話題なのが、「スライド式5週間貯金」です。

※記事より引用

「スライド式5週間貯金」とは、1カ月(30日)分の給料で5週間、つまり35日を
やりくりする方法だ。これだと、1カ月目は5日分、2カ月目は10日分と生活費の
締め日がずれていき、開始月から7カ月目には30日も締め日がずれる。

7カ月経過時には、自然と1カ月分の生活費が丸ごと余るという計算になります。
ただし、この方法にはコツがあります。

※記事より引用

やはり、「毎月の支出額」 を把握することが大原則です。
ただ、切り詰め過ぎると続かないので自分の許容度に合わせた管理が必要です。

週1回まとめてレシートを取り出し、カレンダーにバーッと書き出します。
それも細かくつけるのではなく、食費や日用品など、大まかな項目ごとの合計金額を
つけるだけでいいということにしているんです。
この方法を10年以上続け「comoro家のお台所事情」で毎月の家計簿を
公開中のcomoroさん。年収の2割超を貯蓄しています。

35日でやりくりせずに予算を減らせばいいのでは、と考えてしまそうですが
35日=5週間 というのがミソです。
やりくり費が3万円の場合
3万円÷5週間=6,000円が1週間分のやりくり費になります。
週予算にすれば短いスパンでのやりくりになるので特売日での余分な
まとめ買いが減るのではないでしょうか。

細かいことは気にせず、大枠を決めて大らかにやりくりする「スライド式5週間貯金」で、
1カ月分の生活費をラクして自然に貯蓄してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク