<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

【台所育児】ぬか床でモンテッソーリの心得がつかえる?台所育児にも?我が家のやり方紹介します!その2

2013年3月18日台所育児

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

ぬか床でモンテッソーリの心得がつかえる?台所育児にも?我が家のやり方紹介します!その1の続きです。

スポンサーリンク




準備する事

・大きなレジャーシートまたは新聞紙

・台拭き

・雑巾

・手を洗う水を入れたボール(子供に言われたらすぐ出せるように)

あと、終わったらすぐ手を洗えるように、流し台に椅子を用意します。

そして、

ぬか床をかき混ぜている時

準備できたら、[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”そとやん.jpg” name=”そとやん”]これは、漬けもの、食べるモノを入れるところだから手洗うよ~[/speech_bubble]と手を洗わせてます。

あとは気の済むままにかき混ぜてもらいます。

合間あいまに話かけてきたら答えて、団子作っていたら
[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”R1″ icon=”そとやん.jpg” name=”そとやん”]おいしそうね。パクッ[/speech_bubble]
など言えば喜びます。

ぬか床を触る事は楽しいこと!とインプットしてもらえたら、今はそれでいいと思います。

3歳をこえて、手を使う敏感期(モンテッソーリでよく使われている言葉です)がきたら、こぼさない混ぜ方などを教えながら教えていきたいなぁと密かに計画?中。

うまくいくはこれから次第ですね。

終わりの合図

かき混ぜる気が済んで、満足すると自分から終わらせます。

これが大切。

親が親の都合で終わりにすると、子供の自立心を潰しているようなものだそうです。

だから必ず、終わりは子供に決めさせます。

うちの娘は、立つと終わりの合図らしいです。
 
初めてから5分だったり20分30分だったり、まちまちですが、決まって立ちあがり、満足気な顔をしています。

おかたづけ

終わりの合図があったら、すぐ流し台の椅子に立たせてまず、手を洗わせます。

その間にぬか床の入れ物をキレイに拭きとり、手の届かない場所に置き、今度は一緒にレジャーシートを拭きます。

レジャーシートには、ぬかはの臭いが残り、カスもキレイには取れないので、ある程度取れたらそのままベランダに持っていき、干します。

紫外線に殺菌消臭してもらい、残ったカスも乾燥するので、取り込むときにパンパンとはたけば、ほとんど気にならなくとれています。

もしそれでも気になる時は、今度は乾いた雑巾などで拭き取れば大丈夫だと思います。

次回は、ぬか床を子供にやってもらもらおうと思ったキッカケを書きたいと思います。

スポンサーリンク